Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3番はM5、5番はM3。タイガー・ウッズが旧モデルのフェアウェイウッドを使い続ける理由って?

配信

みんなのゴルフダイジェスト

タイガー・ウッズの最新クラブセッティングで特徴的なのがフェアウェイウッドの選択。3番は一世代前のモデルであるM5、5番は2世代前のM3を採用しているのだ。その理由をクラブフィッター・小倉勇人が推察した。 タイガー・ウッズのドライバー連続写真

3番ウッドを「SIM MAX」から「M5」に戻した

ドライバーは最新モデルのSIMにスイッチしたものの、フェアウェイウッドは3番が1世代前の「M5」、5番が2世代前の「M3」と、旧モデルを採用しているタイガー・ウッズ。 フェアウェイウッドのスイッチに関しては腰が重いプロが多く、タイガーもその例に漏れない。SIM MAXの3番ウッドに関しては採用まで至っていたのだが、先週末に開催されたタイガーとミケルソンにNFLのスーパースターを交えたペアマッチプレー「ザ・マッチ:チャンピオンズ・フォー・チャリティ」での最新セッティングを見る限りでは、M5に戻したようだ。 ではタイガーが旧モデルのM5を選択する理由とはなんなのだろうか。業界屈指のギアオタクでクラブフィッターの小倉勇人は「トッププロの感覚を理解しているわけではないので、もちろん推測にはなりますが」と前置きしつつ、こう語る。 「M5に戻した理由として、(SIM MAXフェアウェイウッドは)操作性が不足していたんじゃないかな、というのが第一印象です。タイガーほどの選手になれば、3番ウッドであっても狙っていきたいクラブでしょうから」(小倉氏)

SIMシリーズにラインナップされているフェアウェイウッド2モデルのうち、SIM MAXは打点のミスに強めで直進性も高い、やさしいモデル。弾道が安定して曲がり幅が少ないため、多くのアマチュアにとって安心して扱える1本と言える。しかしボールを曲げて攻めたいタイガーにとっては、そのやさしさがデメリットになってしまうのではないか、というのが小倉氏の見方だ。 そして、タイガーがM5を選んだもうひとつの理由は「スピン量にある」と小倉氏は言う。 「最新モデルはより低重心化したことで、スピン量が減っています。旧モデルであるM5のほうがタイガーの基準を満たすスピン量を確保できたのでしょう」(小倉氏)

【関連記事】