Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「1球の怖さ」を糧に来夏の雪辱を固く誓った桐蔭学園の1年生右腕・山口凱矢

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「責任を感じている」と肩を落とす

 1年生エースは「1球の怖さ」を知った。  関東大会出場2枠をかけた秋季神奈川県大会準決勝。桐蔭学園高は鎌倉学園高に5回コールド敗退(0対10)を喫した。  結果論として、悔やまれる場面がある。桐蔭学園高・片桐健一監督は先制を許した1回表の相手攻撃を振り返った。先発の1年生右腕・山口凱矢は一死から安打、四球を許すも、四番を空振り三振に斬る。二死一、二塁。五番打者をカウント1ボール2ストライクに追い込みながら、4球目のスライダーを左越えに運ばれた(二塁打)。 「ウチとしては失投をとらえる意識を徹底してきたが、逆に相手にやられてしまいました……。ただの(先制の)2点ではなかった」  この一打で勢いづいた鎌倉学園高打線を2回以降、食い止めることができなかった。敗因を問われると、片桐監督は「投手陣の差ですね。大事な試合で力が出せない。本当の力がついていないことを露呈した」と語った。  この「失投」について、山口も「甘く入ってしまった。低めにワンバウンドくらいに、と思っていましたが……。甘い球を仕留めてくる。自分たちよりも力が上」と話した。  2回途中6失点で降板した山口は静岡県出身である。修善寺中時代は静岡裾野シニアでプレーした。二遊間を組む二塁手の主将・木本圭一、遊撃手・松下歩叶、正捕手・勝間田礼琉と1学年上の先輩が同チームに在籍していたことから、山口も「一緒に甲子園へ行くために選びました」と、同校へ進学した。  それだけに、この日の敗戦は悔しい。 「先輩たちのセンバツの夢をなくしてしまった。責任を感じている」と肩を落としたが「自分の弱い部分を克服していきたい」と前を向いた。  最速138キロのストレートには力があり、強気のインコース攻めも持ち味。変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップと精度が高く、将来性の高さを感じる。 「調子自体は悪くなかった。気持ちの部分で足りていなかった。相手の気迫を感じました」 公式戦でしか経験できない「1球の怖さ」を糧に、山口は来夏への雪辱を固く誓った。 文=岡本朋祐 写真=大賀章好

週刊ベースボール

【関連記事】