Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“文化系男子”も着たくなる! おしゃれすぎるランニングウェア

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBUOMO

レショップのコンセプターである金子恵治と、コモリでデザイナーを務める小森啓二郎のタッグで生まれたレーベル「LE」から、オリジナルランニングウェア「LERC」が登場。Tシャツとショーツの2アイテムが発売中だ。背中に刻まれた“LE”の文字で、ラン好き“文化系男子”はすぐに気付くはず!

背中に“LE”が見えたらラン友になれる!

“文化系男子”にぴったりのランニングウェアが、“真の服道楽”が集う高感度セレクトショップ「L’ECHOPPE(レショップ)」のオリジナルレーベル「LE(エルイー)」からリリース。現在、レショップ青山店とレショップのオンラインストアで発売中だ。

この新作ランウェア「LERC」の4文字は“L’ECHOPPE RUNNING CLUB”の略。ラインナップはTシャツとショーツのみのミニマルコレクションとなる。米国陸軍のトレーニングウェアをデザインベースに、Tシャツには吸水速乾素材を採用。夜ラン対応でロゴをリフレクター仕様にするなど本格ランウェアの機能性を誇る。もちろん日常着としても楽しめる。

ちなみに、服好き“40歳男子”には既知情報だが、「LE」は「レショップ」のコンセプターである金子恵治と、まったく別会社の「COMOLI(コモリ)」でデザイナーを務める小森啓二郎のタッグで生まれたレーベル。洋服好き同士の熱量で誕生した非常にユニークなパートナーシップといえるだろう。

皇居ランなどの最中、前方に“LE”の文字が見えたら積極的に併走して声を掛けてみては?服好き同士、確実にラン友になれるはず!

L'ECHOPPE:LE ランニングウェア「LERC」 発売日:2020年9月12日(土) 販売店舗:レショップ青山店(港区南青山3-17-3 1階) アイテムおよび価格:Tシャツ(¥7,800)、ショーツ(¥11,000) ※価格は全て税別です。

【関連記事】

最終更新:
WEBUOMO