Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

井端氏が巨人・ウィーラーは「セ・リーグ向き」と評価するワケ

配信

ベースボールキング

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏が、トレードで加入したウィーラーについて言及した。  井端氏は「ウィーラー選手は内野、外野守れるのでね。ジャイアンツはファーストというところには、チャンスがあるところだと思います」と話し、「ホームランを30本塁打打ったときもあるんですけど、どちらかというと変化球を打つのが得意なバッターだなという印象を持っています。意外とセ・リーグ向きかなと思いますよね」と分析した。  「力勝負のパ・リーグでは差し込まれるところを見るんですけど、意外とセ・リーグは変化球、落ちるボールに対しては対応できるバッターかなと思います。ジャイアンツにきて非常に良い働きをしてくれるんじゃないかなと思います」と期待を寄せた。  楽天・ウィーラーと巨人・池田駿の交換トレードが同日発表された。ウィーラーは17年に31本塁打を放つなど、楽天での5年間で通算106本塁打を放った。今季は宋家豪、ブセニッツ、シャギワ、ブラッシュ、ロメロと外国人枠の競争も激しく開幕からファームで過ごしていた。 (ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

【関連記事】