Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂、欅坂、日向坂。坂道シリーズ「このMVがすごい」マニアが太鼓判

配信

週刊SPA!

 アイドル好きの中にはライブや握手会などのイベントに参加できず、鬱屈とした時間を過ごしている人も多いはずだ。そんなときにこそ、おウチでじっくりと見てほしいのが乃木坂46・欅坂46・日向坂46といった坂道シリーズと呼ばれるグループのミュージックビデオ(以下、MV)だ。坂道シリーズのMVは名だたる映画監督やクリエイターが制作に参加しており、映画さながらの世界観やストーリーを楽しむことができるのだ。  そこで今回は、映画やドラマに精通する業界人たちとアイドルライターに聞いた“ぜひ今見ておきたいMV”を紹介していく。

棘のある人間と一般人との触れ合いを描く『サヨナラの意味』

 まずは、制作会社で映画やネットドラマを手掛けるプロデューサーにして、欅坂46のファンでもあるA氏に、坂道シリーズのMVの魅力とおススメの作品について聞いた。 「乃木坂46は、AKB48の公式ライバルとして登場した直後は清純なイメージばかりが先行して大ブレークできなかった。理由の一つとしては、劇場を持たないゆえ彼女たちの表現の場が少なかったからだと思います。そんな中でストーリー性のあるMVやカップリングに収録されたメンバー一人ひとりをフューチャーした個人MVの存在は大きかったと思います。  乃木坂46のMVで一番好きなのは、やはり『サヨナラの意味』ですね。感情が高ぶると体からトゲが生えてくる棘人(しじん)と呼ばれる不思議な存在と普通の人々との交流が描かれている作品です。二つの異なる世界が和解するまでの感情の揺らぎをセリフだけでなく表情や動きなどで描いており、短編映画としても十分によくできていると思います。メインとなる棘人を橋本奈々未さん、人間側のメインを西野七瀬さんが演じているのですが、橋本さんからにじみ出る強さ、西野さんから醸し出される儚さがまじまじと伝わってくるファンが見てもたまらない作品だと思います。  もう一つは、楽曲としても素晴らしい『逃げ水』です。このMVは「伊丹家」という屋敷で働くことになった大園桃子さんと与田祐希さんの成長を描いていますが、アイドルという異色の世界に飛び込んだ少女の“希望ととまどい”を絶妙にリンクさせて表現している良質なものだと思います。他のメンバーのパーソナリティがよく分かるのも面白い点ですね」

【関連記事】