Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

静岡県経済は新型コロナの影響で「一段と悪化」 日銀静岡支店2カ月ぶりに評価引き下げ

配信

静岡朝日テレビ

 日本銀行静岡支店は、今月の県内経済について、新型コロナの影響で「一段と悪化している」として2カ月ぶりに評価を引き下げました。  日銀静岡支店によりますと、個人消費はスーパーでは増加していますが、百貨店では大幅に減少しており、全体として弱い動きが続いています。また、夏のボーナスカットや残業を抑える動きが続いていることから、雇用者所得は悪化しているということです。  日銀静岡支店の野見山浩平支店長は、新型コロナの再流行がなければ、経済状況も徐々に回復するとした上で、こう指摘します。 日銀静岡支店 野見山浩平支店長:「輸出や生産に関しては、特に海外においてまだ感染症の流行が止まっていない。そういう状況で需要がどういうテンポで戻ってくるのか、不透明感が残る」  ただ、金融機関から民間企業に対する貸し出しは増加に転じており、日銀静岡支店はこうした中小企業を支える動きに期待感を持っているとしています。