Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フェードは右に曲がる球ではない!? 名手・藤田寛之に伝家の宝刀「パワーフェード」を教えてもらった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

1992年にプロテスト合格を果たし、それから今日に至るまで、国内男子ツアーで活躍を続けるトッププロ・藤田寛之。そんな藤田が、元プロ野球選手の秋山幸二を父に持ち、日本女子アマ出場経験もあるスポーツキャスター・秋山真凜にレッスン。伝家の宝刀・パワーフェードの打ち方を伝授した。 【動画はこちら】藤田寛之がパワーフェードの打ち方をレッスン!

腰を切り返すタイミングを早めてフォローでインに振り抜く

秋山真凛(以下秋山):藤田プロと言えば、距離が落ちないパワーフェードですよね。その打ち方を教えていただきたいです! 藤田寛之(以下藤田):わかりました。よろしくお願いします。 秋山:ですがその前に、まず根本的な質問として、フェードとスライスってどう違うんですか? 藤田:スライスって要は(クラブが)カットに入ってしまったりクラブフェースが明らかに開いてしまうような状態(でのショット)のことを言っていて、一方フェードはほとんどカットには打たないんですよね。インサイドから(クラブが)入ってきて、フォローサイドでそれ(ダウンスウィングの軌道)よりも若干インサイド寄りに振り抜くイメージです。 秋山:なるほど、フェードはイントゥイン軌道なんですね。フェードの打ち方は、アウトトゥイン軌道だとイメージしているアマチュアの方も結構多いと思います。 藤田:そう思われる方も多いですが、実は違うんです。インサイドからクラブが入れることで、ボールもつかまって少しフェード回転がかかった、俗に言うパワーフェードが打てるんです。 秋山:フォローでインサイド方向に振り抜くのがポイントとのことですが、コツなどはあるんでしょうか?

藤田:フォローでインサイドに振り抜くために大切なのが腰の回転なんです。僕の感覚になってしまいますが、通常だとトップまでクラブを上げきってから(写真A左)数瞬間があって切り返しの動作に入ると思うんですが、フェードを打つ場合はトップまでクラブが上がりきる前から腰を回転させて切り返し始め(写真A右)、その回転を止めずに振り抜いていくんです。 秋山:なるほど。切り返しから回転が始まっているから左わき辺りにスペースもできて、よりインサイドに振り抜けるわけですね。 藤田:「スペースができる」、良い表現ですね。その通りで、左わきにできたスペースに向かってクラブを振り抜いていくのがポイントです。アドレス時のスタンスはスクェアか、もしくはわずかにオープンくらい。スウィングについては先ほど言った通り、インサイドからクラブを下ろして、腰を切り返すタイミングをいつもより早くするだけ。もともとインサイドからインパクトできているなら、腰の動きだけ取り入れて、スウィング自体はほとんど変える必要はないです。

【関連記事】