Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立憲民主とれいわ新選組に起きた〝奇妙な符合〟  データから読み解く東京都知事選へのヒント

配信

47NEWS

 6月18日に告示された東京都知事選は、7月5日に投開票を迎える。過去最高の22人が立候補し、今後4年間の都政の新たな舵取り役を目指した選挙戦が展開されている。  主要の国政政党では、日本維新の会が推薦候補を決めているが、自民、公明、立憲、共産、社民は推薦などの機関決定は行わず、それぞれが支援する候補を支援している。国民は自主投票を決め、所属議員に対応を任せている。こうした中、各党の選対、報道機関関係者が「いったいどれくらいの得票をするのか」と関心を寄せているのが、れいわ新選組の公認候補だ。  れいわは昨年4月に結党、7月参院選の比例で約228万票を獲得し2議席を得たが、コロナの影響で唯一の活動とも言える街頭での訴えを控えざるを得なくなった。街頭でカンパ金を募ることもできなくなり、党財政にも影響を与えかねない事態となっている。れいわ公認候補にどの程度の集票力があるのか。街頭演説で通行人が足を止める等の感覚的な観点からではなく、「データ」に基づき、東京におけるれいわの得票傾向を分析してみた。(47NEWS編集部、得票数は案分票を切り捨て)

 2019年参院選比例で、れいわは都全体で45万8000票余を獲得した。このうち、今回の都知事選公認候補の個人名得票は20万6000票であり、この候補は7年前の参院東京選挙区において66万票余を獲得している。  表に、都内自治体別にれいわ比例票を整理した。千代田区「2218票」、中央区「5514票」等だ。  れいわ票の横に立憲民主党の得票を並べる。これは、17年衆院選と19年参院選で立憲が獲得した比例票の推移だ。立憲は千代田区で17年衆院選比例は6832票獲得している。19年参院比例は4734票と「2098票」減少している。中央区は「5423票」のマイナスだ。  表をもう一度ご覧頂きたい。 大田区で立憲が失った得票数は「21663票」だ。れいわの得票数は「21097票」。 八王子市では立憲「14024票」の減少に対して、れいわの得票は「14103票」だ。 調布市では立憲「8601票」マイナス、れいわ「8690票」と89票しか誤差はない。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS