Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目の年下男子・THE RAMPAGEの川村壱馬さんのファースト写真集裏話|CLASSY.

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルとして、役者として、活動の幅を広げる川村壱馬さんがCLASSY.ONLINEに初登場! 6月23日には1stフォトエッセイ『SINCERE』も発売。今、注目を集める年下イケメンの素顔に迫るべく、3回に渡ってインタビュー記事をお届け。Vol.1は、自身もコンセプト立案から携わり、「人生をかけて向き合った作品」と語る『SINCERE』へ込めた想いを伺いました。 川村壱馬さんが選ぶ、女性の好きなコーデBEST4

嘘偽りない自分を詰め込んだ、初めての写真集『SINCERE』の魅力を語ってもらいました♪

コンセプト立案から携わった中で、大切にしたことは?

「こんな顔もできるんだ」っていう多面性や意外性を感じ取ってもらいたいです こだわったのは、この1冊を通して「表現の幅を感じてもらうこと」と「自分の可能性を広げること」。ルック数もたくさんあり、いろんなテイストの衣装やシチュエーションで撮影したので、表現者としての引き出しを増やすことができたし、それが歌や芝居に生かされているなと感じることもあります。だから「こんな顔もできるんだ」っていう多面性や意外性を感じ取ってもらえたらうれしいですね。エッセイパートに関しては、事実を伝えるべく徹底して作り上げました。例え自分をよく見せる表現であったとしても、「誇張してるな」と感じたら削ぎ落とし、あくまで「ありのままの自分を伝える」というスタンスを貫いたので、タイトルの『SINCERE』(誠実や本心からの、の意)と一致した嘘偽りない内容になっていると思います。

撮影や写真選びで大変だったことは?

通常盤のカバーは母のアドバイスも参考に決めました 写真はすごく迷いましたね。数もかなり多いですし、スタッフさんたちとのチームワークもよくて、とてもいい空気感で撮影ができたので、「これもいい! これもいい!」って欲張っちゃうんですよね。カバーもどのカットにするか、通常版とメイキングDVDが付いた特別限定版、書店オリジナル特典版などはそれぞれどうするか、かなり悩みました。カバーだけで1時間は悩んだんじゃないかな。最終的な相談はマネージャーさんや母にもしましたね。通常版のカバーを見て母は「濁りがなくて、クリアでまっすぐな感じがする」と言ってくれました。みんな違ってどれもよくて、正直お気に入りは選びきれないな(笑)。 あえて挙げるなら白シャツにベストを羽織ったルックですかね。新しい自分に出会えた感じで新鮮でした!

【関連記事】