Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・田中広、連敗止める6号2ラン 入場制限緩和初本拠地「懐かしい感じ、声援が力に」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「広島5-3DeNA」(25日、マツダスタジアム)  広島の田中広輔内野手が6号2ランで連敗ストップに貢献した。1-0の三回無死一塁で、井納の直球を捉え右翼席へ突き刺した。 【写真】入場制限が緩和された本拠地…ファンの姿に燃えたんじゃ  19日の入場制限緩和を受け、本拠地での試合はこの日が初めてだった。七回1死満塁のピンチを遊ゴロ併殺打で切り抜けると、1万5035人が詰めかけたマツダスタジアムが大きく沸いた。  「懐かしい感じがした。声援が本当に力になっている。改めて良いなと思った」  トランペットなど鳴り物を使っての応援や、代名詞であるスクワット応援はない。応援スタイルは変わっても、スタンドに足を運んでくれる一人ひとりの存在が支えになるのは不変だ。  佐々岡監督は「改めてファンの声援が力になると思った」と言葉を紡いだ。残りは39試合。1つでも多くの勝利の喜びを共有する。

【関連記事】