Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米6歳コーチ、大暴れの退場劇が再脚光 可愛らしい“悪態”に反響「歩き方ウケる」

配信

THE ANSWER

昨年7月に話題となったドレイクコーチに米メディアが再注目

 昨年、米国の大学野球で脚光を浴びた存在がいた。当時6歳にして監督や選手から親しまれていた「ドレイクコーチ」だ。そんな名物6歳児が猛抗議して退場処分を受けるシーンが、現地で再び話題となっている。米メディアが動画付きで公開すると「彼の歩き方ウケる」「レジェンドだ(笑)」などと笑撃が広がっている。 【動画】「歩き方ウケる」「帽子投げちゃった」など反響! 可愛らしく暴れる米6歳に反響再び…ESPNが公開したドレイクコーチの退場劇(2本)  小さなコーチが再び話題だ。昨年7月15日(日本時間16日)、米カレッジサマーリーグ・グラウラーズの試合中。7回、判定を巡って納得のいかないドレイクコーチがベンチから登場。身振り手振りでアンパイアに猛抗議。小さな体を目一杯使って訴えるも、判定は変わらない。ドレイクコーチは審判の周りを一周し、足で砂をかけ始めたのだった。  すると、この悪態に審判は退場を宣告。ふてくされるようにダグアウトに引き上げるドレイクコーチだが、これで終わらない。今度は自身の背丈ほどのバットを持ち出し、グラウンドに放り投げていく。4本投げても怒りの収まらない6歳は今度はボールを持ち出し、一気にぶちまけたのだった。  さらにはホームベース付近に歩み寄ると、脱いだ帽子を地面にぴしゃりとたたきつけたのだった。あまりに小さなコーチの怒り爆発シーンに、観衆は大爆笑。本人も発散し落ち着いたのか、再びダグアウトに引き上げていった。

可愛すぎる退場劇に反響続々「レジェンドだ(笑)」

 昨年、米メディアはドレイクコーチについて、同リーグの退場記録を保持していることや、マウンドで投手を激励する姿がツイッターで急速に広まり、SNS界隈で注目の存在になっていたことを報じていた。  そして今回、可愛すぎる退場劇に再注目しているのが米放送局「ESPN」だ。当時の動画をインスタグラムで公開。「この6歳の少年の退場は史上最高だ」とつづられた投稿には、さまざまな反響が寄せられている。 「彼の歩き方ウケる」 「帽子投げちゃった」 「レジェンドだ(笑)」 「俺らのツボを彼は分かっているね」 「ジョー・ジラルディ監督みたいだ」 「これは素晴らしい」 「息子にアイスはもうあげないって言ったら、息子はこれと同じことをする」 「良い歩き方だ」  米大リーグが新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕延期となる中、可愛らしいドレイクコーチの姿は、1年近く経過した今も米国のファンを和ませていた。

THE ANSWER編集部

【関連記事】