Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

そこ、鳴く!?緊迫した試合で多井隆晴の“顔芸”が炸裂 想定外のチーに目をぱちくり/麻雀・Mリーグ

配信

ABEMA TIMES

 大和証券Mリーグ2019・2月24日の2回戦、南2局1本場。渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)の仕掛けに、リアクション芸人ばりのびっくりした“顔芸”を披露し、視聴者を大笑いさせた。 【映像】想定外の鳴きに多井もびっくり  手牌にドラ三万を3枚抱えていた多井は、仕掛けを得意とする園田に鳴かれないよう、慎重に打牌をしていた。園田の河に四万が切られていたため、ターツ選択時に七万を切ると、これを園田がチー。鳴かれることが想定外だったのか、多井は思わず身を乗り出して目をぱちくりさせた。  解説のKADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)は「すごい顔してましたよね」と笑い、沢崎誠(連盟)も「今度、下家に座ったらそういうの鳴こうかな」とオーバーリアクションを楽しんでいた。  もともと多井の“顔芸”は、これまで何度も話題になるほど、麻雀ファンの間では楽しみの一つ。しかし負けられない重苦しい展開の中でも、一瞬の笑いを取ったあたりは、いついかなる時もファンを楽しませることを忘れないエンターテイナーとしても面目躍如。こういった余裕も、強さの秘訣なのかもしれない。【福山純生(雀聖アワー)】 【2月24日終了時点での成績】 1位 セガサミーフェニックス +422.4(82/90) 2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +152.2(82/90) 3位 KADOKAWAサクラナイツ +87.5(82/90) 4位 TEAM雷電 +51.1(82/90) 5位 渋谷ABEMAS +42.7(82/90) 6位 U-NEXT Pirates ▲78.0(82/90) 7位 赤坂ドリブンズ ▲222.5(82/90) 8位 EX風林火山 ▲475.4(82/90) ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会 ◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。

【関連記事】