Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋野日向子は初日イーブン発進 パッティングに一抹の不安【全米女子プロ 初日】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【全米女子プロゴルフ選手権】第1日  7月12日の出国から始まった海外遠征も、6戦目の今大会を最後に帰国する渋野日向子(21)。  試合前、「先週の(ポアナ芝の)グリーンより癖がないので、距離感が合えばうまくいくと思う」と語ったが、パターは入ったり、入らなかったりの波が大きかった。  前半は2番で13メートルのロングパットを強めのタッチで放り込みバーディーが先行。5番ボギーの直後に6番バーディー。8番ボギー、9番バーディーとアウトでは2度のバウンスバックに成功して1アンダーで折り返した。  この時点ではトップ10に入っていた。 ■12番4パットダブルボギー  痛かったのは12番パー4のダブルボギーだ。ピン左奥18メートルに2オン。うねる傾斜を読み切り、バーディーパットは1・5メートルオーバー。しかし、返しの短いパットがカップにけられ、ボギーパットも決まらず痛恨の4パット。続く13番の第1打はフェアウエーをとらえるもディボット跡に入る不運もあり、第2打はグリーンオーバー。アプローチに失敗してボギー。  2オーバーまで落としたが、15番、18番のバーディーでイーブンパーに戻し、13位タイだった。  時折強い風が吹いたがフェアウエー外しは1ホール、パーオン逃しは3ホールとショットは安定していた。肝心のグリーン上は33パットとブレーキだった。  初日は日没順延になり、暫定首位は3アンダーでK・タン(26=マレーシア)、B・リンシカム(35=米国)の2人。 ▼渋野の話「ショットがよく、今日は風と友達になれた。フェアウエーからミスショットはほぼなかった。明日も同じようにできれば予選は通過できると思う」

【関連記事】