Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天才絵師、葛飾北斎の生き様にしびれる!『HOKUSAI』本予告映像と本ポスターが解禁

配信

MOVIE WALKER PRESS

19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、西洋近代絵画の源流となった世界的アーティストの葛飾北斎。その知られざる生涯を初めて描く『HOKUSAI』が5月29日(金)より公開される。このたび本予告映像と、本ポスタービジュアルが解禁となった。 【写真を見る】アーティスティックな世界観で描かれる、葛飾北斎の知られざる人生<写真12点> 代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が、今年の2月新たに刷新された新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど愛され続けている葛飾北斎。米LIFE誌の“この1000年で偉大な功績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれており、今年は記念すべき生誕260周年となる。本作では北斎の青年期を柳楽優弥、老年期を田中泯が演じ、北斎の人生のキーマンとなる蔦屋重三郎を阿部寛、喜多川歌麿を玉木宏、柳亭種彦を永山瑛太が演じ、北斎の激動の人生が描かれる。 このたび解禁された本予告映像では、腕はいいものの絵を描く本質と向き合わず自由奔放な毎日を過ごしていた北斎が稀代の版元である蔦屋重三郎と出逢ったことからその才能を開花させ、天才絵師になっていく様が描かれていく。若い頃の北斎は売れない絵師ながらプライドだけは一人前、蔦屋が絶大な信頼を寄せる美人画の大家である喜多川歌麿(玉木)に大手を振って対峙をするが「てめえの絵は色気がねえ」と一蹴される。さらに役者絵で鮮烈なデビューを飾った若き天才絵師の東洲斎写楽(浦上晟周)の挑発的な言葉に、悔しさのあまり競争心をむきだしにする姿も印象的だ。 挫折と苦悩を重ねる北斎は、ある時“波”に魅了され独創性がついに開眼。しかし江戸時代後期、幕府によって浮世絵や戯作などの風俗は厳しく取り締まられていく…。志を共にする表現者たちを失い続けても、なお時代に抗い続けた北斎の姿が胸を打つ映像となっている。 さらにあわせて解禁された本ポスターでは、北斎の代表作である「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の大浪(グレートウェーブ)を背景に、青年期と老年期の北斎、蔦屋、歌麿、種彦らキーパーソンが勢ぞろい。これまで語られることのなかった北斎の”自由への闘い”とは。自らの道を貫き通し激動の人生を歩んだ北斎の知られざる人生を、ぜひ劇場で見届けてほしい!(Movie Walker・文/富塚 沙羅)

【関連記事】