Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホチキス「銭に向け叫ぶ」上演決定、北村諒が人気の陰り始めたアイドルに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ステージナタリー

米山和仁率いるホチキスの「銭に向け叫ぶ 2020」が、9月24日から10月4日まで東京・東京芸術劇場 シアターイーストで上演される。 【写真】劇団ホチキス 第42回本公演「銭に向け叫ぶ 2020」ロゴ(メディアギャラリー他1件) 「銭に向け叫ぶ」は、2007年に毛利亘宏が主宰を務める少年社中とホチキスの期間限定企画・劇団毛利と米山により上演された作品。今回は同作のパワーアップ版となり、出演者には主演の北村諒をはじめ、君沢ユウキ、太田将熙、山崎雅志、小玉久仁子、折井あゆみ、齋藤陽介、杉山未央、山本洋輔、齊藤美和子、内村理沙、そして町田慎吾、校條拳太朗が名を連ねている。 “究極の愛と銭の物語”を掲げる本作では米山が脚本・演出を手がけ、人気に陰りが見え始めたアイドル・天馬大吉(北村)を主軸としたストーリーが展開。事務所ともマネージャーともうまくいっていない大吉はある日、自分の価格を知る「値踏み二郎」というアプリを興味本位でダウンロードし……。チケットのキャスト先行、劇団先行は7月8日12:00から12日まで受け付けられ、一般販売は26日10:00にスタートする。 ■ 劇団ホチキス 第42回本公演「銭に向け叫ぶ 2020」 2020年9月24日(木)~10月4日(日) 東京都 東京芸術劇場 シアターイースト 脚本・演出:米山和仁 出演:北村諒 / 君沢ユウキ、太田将熙、山崎雅志 / 小玉久仁子、折井あゆみ、齋藤陽介、杉山未央、山本洋輔、齊藤美和子、内村理沙 / 町田慎吾、校條拳太朗 ※山崎雅志の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

【関連記事】