Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

差別投稿し少年が逮捕されたことを受けザハがコメント「#notoracismだけでは不十分」

配信

SOCCER KING

 クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハが、自身が受けた人種差別についてコメントした。  ザハは12日に行われ0-2で敗れたプレミアリーグ第35節のアストン・ヴィラ戦を前に、SNSで人種差別被害にあっていた。プレミアリーグは現在「Black Lives Matter」キャンペーンを打ち出しているなかで起こった事件であり、ウェスト・ミッドランズ警察が12歳の少年を逮捕したことを発表していた。  ザハは、逮捕を受け自身のSNSに「Black Lives Matter」で象徴的な片ひざをつく自身の写真と共にコメントを掲載している。 「昨日は良い結果が出せずとても残念だったが、応援メッセージをありがとうと言いたい。また、迅速に対応し、逮捕してくれたウェスト・ミッドランズ警察にも感謝します。何歳であろうと、行動や言葉は結果につながり、ソーシャルメディアの陰に隠れることはできないということを、人々は理解しなければいけない。ソーシャルメディアのプラットフォームが昨日したように、個人を探し出して排除することが重要となる」 「このようなメッセージを受け取ったのは今回が初めてではない。そしてこのようなメッセージを受け取っているのは私だけではない。皆さんの愛とサポートに感謝しています。でももうこうしたメッセージはたくさんだ! 僕が受け取ったこれらのメッセージにうんざりして前に進むだけでは十分ではない。ただ #notoracism と表明するだけでは十分ではない。行動と教育が必要で、それによって物事を変える必要がある」

SOCCER KING

【関連記事】