Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

血圧を下げる6つの方法。「コロナで高血圧の治療を先延ばし」の危険度

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webマガジン mi-mollet

 日本国内でも4000万人はいると言われる高血圧。そのうちしっかりと血圧を治療できている人は1000万人ほどしかいないとも言われます。高血圧はとても身近な病気であるにもかかわらず、自分が高血圧であるということを知らない人、知っていても治療を十分受けられていない人が多い病気なのです。 この記事の図表をみる 今回の記事では、高血圧を正しく学んでいただけるよう、解説をしていきたいと思います。    

そもそも高血圧とは?

高血圧治療ガイドラインによると、高血圧は、日本では収縮期血圧 140mmHg、拡張期血圧90mmHgと定義されています。一方、正常血圧は120/80mmHg未満と定義されています。収縮期血圧というのは、心臓が収縮している時の値で、低い方の拡張期血圧は、心臓の筋肉が緩み広がっている時の血圧を表します。これらの値はヨーロッパのいくつかの学会でも同様ですが、例えば米国では高血圧を130/80mmHgと定義する(参考1)など、少し国によって違いがあります。他にも実は様々な基準がありますが、数字がありすぎると混乱してしまいますので、ここではこの2種類の基準だけ頭に入れておきましょう。  この間の数字の場合には、「ボーダーラインにいる」というような捉え方で良いと思います。  

正しい血圧の測り方、知っていますか?

では、血圧はどんなタイミングで測定すれば良いでしょうか。 多くの方が毎年の健康診断で血圧測定を受けていらっしゃることと思います。1年に1度は健康診断などで血圧を測定していただくことが推奨されますので、そこで正常血圧を確認できていればそれで十分です。 一方、その測定で異常を指摘された方やすでに治療中の方は、注意が必要で、自宅での血圧測定をお勧めします。 血圧は家庭用の自動血圧測定器で構いません。上腕用、手首用など様々なタイプがありますが、心臓のより近くにある上腕で測定するタイプのものでより正確に測定が可能です。 測定は、興奮している時や動き回っている時、例えば家事を終えてすぐのタイミングではいけません。人の血圧というのは、常に変動をし続けています。動き回っている間やその直後は、血圧は上がります。これは、全身で血液を必要としている時であり、然るべくして血圧を「上げている」時なので上がっていても正常です。

【関連記事】