Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

PGAツアーはもうプレーオフ! 16億円は誰の手に? 松山英樹の順位は? 気になるところを総まとめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

今週開催の「ノーザントラスト」から始まるPGAツアープレーオフシリーズの見どころ、そしてプレーオフ終了後すぐに開幕する2020-2021年シーズンの展望について、海外取材経験20年のゴルフエディター・大泉英子が語る。 松山英樹のドライバー連続写真

現在フェデックスカップランク1位はジャスティン・トーマス

今年は新型コロナウイルス感染拡大により、世界のゴルフツアーのスケジュールが大幅に変更された。男子海外メジャーは全米プロ1試合のみの開催に終わり、「2019~2020年PGAツアーシーズン」は約10試合減の全33試合で、9月7日に最終日を迎える「ツアー選手権」で閉幕する。 プレーヤーズ選手権以降、約3ヶ月の中断があったため、「もうシーズンが終わるの?」という拍子抜けなスケジュールになっているが、今週から3週間、「フェデックスカップ・プレーオフ」が始まる。  「ノーザントラスト(マサチューセッツ州TPCボストン)」「BMW選手権(イリノイ州オリンピアフィールズCC)」「ツアー選手権(ジョージア州イーストレイクGC)」の3試合であるが、これらの試合は例年通り、「ノーザントラスト」にはフェデックスカップポイント上位125名、「BMW選手権」には上位70名、「ツアー選手権」には上位30名が進出する。

現在、フェデックスカップ1位は今季3勝、世界ランク2位のジャスティン・トーマス。2位には「全米プロ」チャンピオンのコリン・モリカワがつけている。松山英樹は18位にランクインしているため、このまま行けば最終戦「ツアー選手権」に進出できるトップ30に入る見込みは高いだろう。

一方、第2戦の「BMW選手権」進出に赤信号が灯っているビッグネームたちもいる。リッキー・ファウラー(88位)、トミー・フリートウッド(89位)、ブルックス・ケプカ(97位)、ジョーダン・スピース(100位)、ジャスティン・ローズ(109位)だ。彼らの今週の戦いぶり次第では、今季終了ということになるため、1打を争う気の抜けない戦いとなるだろう。 通常、レギュラーシーズンで優勝すると1試合につき500ポイントが与えられるが(WGCイベントでは550ポイント、メジャーでは600ポイント)、今年はコロナウイルスの影響もあり、試合数が減っていることもあってフェデックスカップ・プレーオフの最初の2試合は2000ポイントではなく、1500ポイントが与えられることになっている。 昨年から始まった3試合目「ツアー選手権」でのスコアシステムには変更はなく、2試合目までのポイントランクに従って、1位の10アンダーを軸に2位8アンダー、3位7アンダー……といった具合に初日のスタート時のスコアにハンデをつける方法で行われる。 というわけで、まだまだフェデックスカップ優勝賞金15ミリオン(約16億円)を巡って一発逆転も夢ではない。

【関連記事】