Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【コンパクト・スポーツ3台の1番を選ぶ】M2 CS x 718ケイマンGTS x A110 S 後編

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

素晴らしいハンドリングとエンジン

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース) photo:Olgun Kordal(オルガン・コーダル) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   ポルシェのコーナリングは、カヌーのパドリングに似ている、と同僚が話すことがある。ボディのロール軸は、ちょうどドライバーの胸の位置。アルピーヌA110 Sの場合、数センチ上にある。 【写真】718ケイマン/M2 CS/A110 S (92枚) 乗り心地はしなやかで、目的地までの運転は極めて楽しい。信じられないほど、操舵感は調和が取れている。ステアリングホイールを操る反応は、シャシーの回頭速度と、ボディロールのレートと、完全に同調している。 素晴らしいハンドリングの持ち主だ。そして718ケイマンはフラット6という、素晴らしいエンジンを再び搭載した。このパッケージングは、一般道で強く光る。 A110の動的な魅力は、穏やかに動き、挙動のつかみやすいリア・サスペンションの設定にある。コーナリングに調整しろを与え、操縦性の懐は深い。控えめなスペックだけでなく、実際の走りでも感動が得られる。 標準のA110の場合、英国の郊外の道にピッタリフィットする、衝撃の吸収性と姿勢制御との絶妙なバランスを獲得していた。だが、A110 Sでは硬められ、乗り心地は落ち着きを失っているようだ。 2台をじっくり味わってから、モンスターのBMW M2 CSへと乗り換える。サスペンションと、新しいブレーキ、ホイールを獲得したF87型最終進化形のM2。この変更内容で、大きく動的性能の性格が変わるクルマも珍しい。

3台で一番大きくたくましいM2 CS

エアインテークが追加されたカーボンファイバー製のボンネットとスプリッターが、フロントで強い存在感を放つM2 CS。M2コンペティションと大きな違いはないものの、アグレッシブだ。 カーボン・ポリマー製のルーフも、いい感じ。チェッカーフラッグのグラフィックは、筆者は不要だと思う。 しかしM2 CSの真骨頂となるのは、外から見えない部分。最高出力450psの直列6気筒エンジンに、ボールジョイントのサスペンション、直付けされたサブフレーム。さらに試乗車には、カーボン・セラミック・ブレーキと、ミシュランのカップタイヤが付いていた。 M2 CSには、温和な優等生の718ケイマンでは理解できない、性格が与えられている。3台の中で一番大きく、たくましい。 BMWが生み出した直列6気筒エンジンは、アルピーヌの4気筒ターボでは得られない、音響的な深みとドラマを備えている。さらにポルシェ製ユニットに匹敵する、回転域とレスポンスも。 エンジンの性能を完全に引き出すには、滑らかな路面が必要。M2 CSはアダプティブ・ダンパーを採用しているが、足腰はしっかり引き締められている。目的は明確だ。 路面を強く掴むタイヤを履き、緩衝材になるラバー製ブッシュはない。車内はノイジーで、乗り心地の感触は荒い。 同じ路面を走らせると、ほかの2台より車重がかさむことが伝わってくる。サスペンションも硬く、一生懸命機能する必要がある。

【関連記事】