Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

多摩美のユーミン「ひこうき雲」「ミスリム」「コバルトアワー」で“女王”に…22歳の胸中

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

広末涼子40歳 早稲田大に初登校「異例の囲み会見」から「出席ゼロ、5年生で退学」するまで から続く 【写真】この記事の写真を見る(6枚)  大学在学中から音楽活動をはじめた多摩美術大の荒井由実(当時)、慶應義塾大の竹内まりや。近年では関西大の矢井田瞳、立命館大の倉木麻衣、上智大のクリスタル ケイ、青山テルマらも同じ道を歩んだ。  教育ジャーナリストの小林哲夫さんが上梓した『 女子学生はどう闘ってきたのか 』(サイゾー)から、多忙な彼女たちがどのようにミュージシャンとして活躍していったのか、その一端を紹介する。(全2回の2回目/ #1 から続く) ◆ ◆ ◆

「ひこうき雲」「ミスリム」「コバルトアワー」で80万枚

 女子学生でありながらミュージシャンとして活躍する姿は、その女子学生と同世代にとって誇るべきことであり、嬉しいものだ。  ミュージシャンに女子学生が登場するのは、1960年代に入ってからだろう。  東京大の加藤登紀子は1965年東京大在学中、日本アマチュアシャンソンコンクールで優勝して、翌年には「誰も誰も知らない」でデビューを飾っている。  1972年、キャンディーズが結成された。メンバーの伊藤蘭は、73年に日本大に入学するが、「女子大生歌手」と騒がれることがあまりなかった。  1970年代に入ると、フォーク、ニューミュージックと呼ばれる分野で女子学生が華々しい活躍を見せる。多摩美術大の荒井由実は1972年にデビューし、「ひこうき雲」「ミスリム」「コバルトアワー」を発売し合わせて80万枚が売れ、一女子学生ながら、「ニューミュージックの女王」と呼ばれる。『週刊現代』(――1976年2月5日号)がこんな見出し、リードを付けて伝えている。 「注目の女子大生歌手 布施明よりすごい女のコ 75年レコード売り上げNo.1は『シクラメンのかほり』の布施明でも、演歌じゃ日本一の北島三郎でもない。二十二歳の女子大生歌手だった。若者風俗そのままのやさしさが井上陽水を追い抜いた――われわれは無関心ではいられない」  荒井が同誌のインタビューにこう答えている。 「音楽は趣味でやっているんです。プロ意識なんかないわ。喰うためにやったらいい音楽なんかできません。音楽で金を稼ごうなんて考えていないの。今は軌道に乗ってお金が入ってきますけど」

【関連記事】