Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

荒川区・町屋駅近くにある謎の「三角形ゾーン」は一体何なのか

配信

アーバン ライフ メトロ

町屋駅から尾竹橋通りを南下した辺り

 筆者(業平橋渉。都内探検家)はなぜか、道路や線路などで三角形に囲まれた「三角形ゾーン」に心を引かれてしまいます。 【画像】荒川区の「三角形ゾーン」の実際の様子  どう見ても使い勝手は決してよくありませんが、そんな形になってしまった背景には、きっとなにか理由があるに違いありません。  さて、今回の「三角形ゾーン」は荒川区にあります。  場所は町屋駅の近く。京成線の町屋駅方面から尾竹橋通りを三河島駅方面に少し歩いたところといえば、わかりやすいでしょうか。  2本の道路が交差し、ものすごい鋭角になっています。実際に行ってみると高架の上を京成線が走っているので、なかなか迫力があります。  ちなみにGoogleマップで見ると、地下を走っている千代田線が同じレイヤーに描かれているので、不思議な感じです。  いったいどういう都合で、こんな「三角形ゾーン」になったのでしょうか。早速古い地図を見てみましょう。

元は排水路だった

 このエリアの昭和20年代の地図を見ると、風景は一変します。町屋駅の前は、道路ではなく川。正確には、川ではなく排水路となっています。  かつて巣鴨から谷根千(谷中・根津・千駄木)のあたりに、谷田川(やたがわ)という川が流れており、付近ではかつて藍染めが盛んだったことから、谷田川は別名・藍染川とも呼ばれていました。  谷田川は小河川でしたが大雨で浸水することが多かったため、1918(大正7)年、現在の荒川区西日暮里4丁目にある高台・道灌山(どうかんやま)の下を通して、町屋方面から隅田川へと向かう排水路が建設されます。  このとき、現在の西日暮里駅から先は暗渠(あんきょ。地下水路)にしなかったので川となっていたわけです。  古い地図には「谷田川排水路」と記されていますが、地元では「どぶ川」「大どぶ川」と呼ばれていました。

排水路の上に新たな道路が誕生

 昭和の風景でイメージされる典型例が、この排水路といえるでしょう。  その後、1960(昭和35)年頃までに暗渠となり、町屋駅前に新たな道路が生まれたというわけです。その道路は現在、「藍染川通り」と呼ばれています。  1947(昭和22)年に発行された地図を見ると、既にとがった「三角形ゾーン」ができていることがわかります。

【関連記事】