Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コルテジアと挑むダービー!長く脚を使えるタイプ、行く馬がいないならハナも…相手は強いが粘って上位へ[松山弘平コラム]

配信

中日スポーツ

 デアリングタクトのオークス制覇は、もちろん馬の力があったからこそ達成できましたが、個人的に大きな勝因だと思っているのが、馬の雰囲気がとても良かったことです。  レース3日前に発表された調教後馬体重が桜花賞に比べて4キロ減。輸送もあったので、少し心配したのですが、当日は466キロで増減がありませんでした。パドックで乗ってからも、かなり入れ込んだ桜花賞より、だいぶましになっていましたし、返し馬も前回に比べると、ずいぶんスムーズ。これならと自信を持って臨むことができました。  これは杉山先生はじめ、スタッフの方々が、メンコを着用したり、最後に馬場入りさせたり、といろいろと工夫を重ねてくれたから。いい状態で送り出してくれた関係者の方々に、本当に感謝しています。  日曜も東京。ダービー(11R)はコルテジアとのコンビで挑みます。先週の調教での動きが良かったですし、前走後も順調にきているよう。前回は後ろからでしたが、長く脚を使えるタイプなので、前に行く競馬をするつもり。行く馬がいないようならハナも考えていますし、マイペースで運んでどこまで粘れるか。相手は強いですが、上位に食い込めるよう頑張ります。

【関連記事】