Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長崎大学が自律式飛行船型調査ロボットを共同開発

配信

長崎文化放送

 長崎大学は水力発電所の水路トンネルの崩壊などを調査する自律式飛行調査ロボットを大手総合建設会社と共同開発しました。  飛行船型水路トンネル調査ロボットその名も「トンネルマンボウ」。長崎大学と大手総合建設会社の西松建設が2016年から共同で開発を進め報道陣に公開しました。開発のきっかけとなったのは2016年の熊本地震です。亀裂などが入った水力発電所の水路トンネルは崩壊の危険性があるため人が中に入って調査することができず無人ロボットが必要となりました。約5kgのトンネルマンボウはヘリウムガスで浮き、自動で進みながら360度アクションカメラで破損箇所を調査します。調査可能なトンネルの長さは6kmまでです。西松建設では開発したトンネルマンボウを商品化し、農業用水路トンネルの調査などにも活用していきたいとしています。