Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンダーのクリス・ポールが勝負を決する活躍のロバーソンを称賛「最高のチームメイトの一人」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

オクラホマシティ・サンダーのアンドレ・ロバーソンは、2018年1月に左膝膝蓋腱を断裂して2年半以上プレイから遠ざかっていたなか、スクリメージ(練習試合)に2試合連続で出場。7月26日(日本時間27日)のフィラデルフィア・76ers戦では終盤に勝負を決する活躍を披露し、司令塔のクリス・ポールも絶賛している。 ロバーソンは7月24日(同25日)に行われたボストン・セルティックスとのスクリメージで909日ぶりに実戦復帰を果たし、12分間のプレイで5得点、2リバウンド、1スティールを記録。そして、華麗なる復活劇はさらなる続きがあった。 続く26日(同27日)の76ers戦もベンチスタートだったなか、残り1分を切って2点ビハインドの状況で、ロバーソンが左コーナーから3ポイントを決めて逆転。さらに終了間際にも右45度から3ポイントを成功させて勝利を決定づけた。 司令塔のポールはロバーソンのパフォーマンスについて「凄い、凄いよ」と称賛。辛いリハビリ生活を乗り越えてきたスウィングマンの復活を喜んだ。 「みんなはドレ(ロバーソン)を常にストッパーとして見ているけど、2本のビッグショットを決める能力も備えている。このリーグで大事なのは自信だ。僕たちは彼に絶対の信頼を寄せている。ドレがプレイして、ゲームを重ねるごとに自信をつけているのは嬉しい。裏表がなくて、今までで最高のチームメイトの一人だ。誰かがチャンスに値するなら、それは彼だ」 生え抜きのストッパーであるロバーソンは、2018年1月27日(同28日)のデトロイト・ピストンズ戦で左膝に大怪我を負い、長いリバビリ生活に突入。2018-19シーズンは全休、今季も新型コロナウイルスによるシーズン中断まで出場がなかったなか、7月10日(同11日)にチーム練習へ復帰した。 レブロン・ジェームズ擁するロサンゼルス・レイカーズ、カワイ・レナード&ポール・ジョージのいるロサンゼルス・クリッパーズに対抗するうえでは、エースストッパーの有無は重要なポイントになる。それだけに、ロバーソンの復帰はサンダーの選手たちに自信を植え付けているようだ。

NBA Rakuten