Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

顧客情報を漏えいした罪 百十四銀行の元行員2人に懲役1年と懲役8カ月を求刑 高松地検

配信

KSB瀬戸内海放送

 顧客情報を漏えいした罪に問われている百十四銀行の元行員2人に検察が懲役1年と懲役8カ月を求刑しました。

 不正競争防止法違反の罪に問われているのは、百十四銀行の元行員、横井良亮被告(31)と野網誠人被告(31)です。  起訴状などによりますと当時、東大阪支店に勤務していた横井被告が、すでに退職していた野網被告に顧客情報を漏らした罪に問われています。漏らした顧客情報は、野網被告の父親が関係する詐欺事件に使われたとみられています。

 検察は「身勝手な犯行であり、与えた被害も大きい」として横井被告に懲役1年を、野網被告に懲役8カ月を求刑しました。  一方、弁護側は動機に酌量の余地があるとして執行猶予を求めました。判決は7月21日に言い渡されます。

【関連記事】