Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

斉藤和義、テレビ朝日「じゅん散歩」の新テーマ曲「純風」を書き下ろし提供

配信

CDジャーナル

 斉藤和義の新曲「純風」が、テレビ朝日「じゅん散歩」の新テーマ曲に起用。デジタル・シングルとして7月1日(水)に配信リリースされます。あわせて、番組出演の高田純次による描き下ろしイラストがあしらわれたジャケット・ヴィジュアルも公開されています。  放送開始から間もなく6年目を迎える「じゅん散歩」は、“一歩一会(いっぽいちえ)”をテーマに高田が毎回さまざまな場所を散歩し、人々と触れ合いながら爆笑トークを繰り広げ、街の魅力を紹介する番組。オープニングは、高田自ら描いたイラストとともに、これまで週ごとに高田が選曲した曲で幕を開けていましたが、7月1日(水)放送より番組をイメージして書き下ろされた斉藤の「純風」が新テーマ曲として流れます。楽曲はオンエアがスタートする前日の6月30日(火)放送内で初披露されます。  新テーマ曲となる「純風」は、斉藤が番組で散歩している高田をイメージして書き下ろした楽曲で、「高田さんが散歩をしている雰囲気がフーテンの寅さんのようなイメージがあったので、その感じに合う軽快で、ちょっと跳ねたようなロックンロールで、お気楽な感じがいいなと思い作りました」とコメント。また、歌詞にも高田の散歩姿を彷彿とさせる言葉が散りばめられ、まさに番組のイメージにピッタリな楽曲に仕上がっています。この曲を聴いた高田は「軽やかな曲だね。いつもだと1万歩歩いたらヒーヒーいうけど、5万歩、10万歩歩けそう。この曲を聴いていると、ガンガン歩いて、なんだったらバスやタクシーに乗っちゃってもいいんじゃないかって。そこまでノッちゃうような、ダイナミックで背中を押される感じですね」とコメントしています。  さらに、7月からは新テーマ曲のほかに高田によるイラストも新しくなり、オープニングが一新されます。いくつか登場するイラストのうちの一枚は、路地裏の小道にたたずむ黒猫の後ろ姿が印象的で、「斉藤さんが猫がお好きということで描かせていただきました。力を込めて楽曲を作ってくださったと聞いて、その分お前も心を込めて絵を描けという上層部からの指示がありまして(笑)、この猫の絵に一番力を入れました」とのこと。なお、その高田渾身の猫のイラストは「純風」のジャケット・ヴィジュアルにも起用されています。  また、斉藤和義がデザイン監修したオリジナル・カーディガンの受注販売が6月22日(月)より、レーベル公式の無料会員サイト・スピードスタークラブ内のGOODSサイトにて期間限定で開始。フロントにスカルロゴ、“ROCK’N ROLL CAN NEVER DIE”(ロックンロールは不滅)をバックロゴにしたインパクトあるレオパード・デザインで、世界で活躍する有名アパレルブランドの生産を請け負ってきた丸安毛糸の協力の元、オールシーズン対応の完全オリジナル商品になります。生地は綿素材で日本国内で生産、色はベージュとブルーの2色、サイズはメンズM、LとレディースM、Lの展開。購入者にはロゴ入りオリジナル・ショッピングバックがもれなくプレゼントされます。本商品は7月31日(金)までの期間限定受注となります。詳細はスピードスタークラブのホームページをご確認ください。 [コメント] 今回のお話をいただいたとき、高田さん大好きですし、すごく嬉しいなと思いました。高田さんのあの「適当」な感じ、本当に尊敬しております。 この「純風」という曲は、『じゅん散歩』の高田さんが散歩をしている雰囲気がフーテンの寅さんのようなイメージがあったので、その感じに合う軽快で、ちょっと跳ねたようなロックンロールで、お気楽な感じがいいなと思い作りました。 もし番組で高田さんと一緒に散歩するなら、下町的なところも楽しいでしょうけど、麻布十番などで高田さんが知っていそうな、割と高級そうなおしゃれなお店に連れていっていただきたいです。 ――斉藤和義 斉藤和義さんに新テーマソングを引き受けていただき、非常にうれしいですね。僕は斉藤さんをすごく尊敬しています。僕、音楽関係ぜんぜんダメでね、ミュージシャンすべての方を尊敬しているみたいな感じなんですけど、その中で斉藤さんは1つか2つ頭は飛びぬけている、そんな感じがします。 『純風』は軽やかな曲で、いつもだと1万歩歩いたらヒーヒーいうけど、5万歩、10万歩歩けそう。この曲を聴いていると、ガンガン歩いて、なんだったらバスやタクシーに乗っちゃってもいいんじゃないかって。そこまでノッちゃうような、ダイナミックで背中を押される感じですね。斉藤さんにこんなにダイナミックに攻められたら、僕もガンガン歩かなきゃいけないな。僕が歩く前のオープニングでこの曲を聴いて、それをエネルギーに変えてね。始まる前のビタミン剤の点滴みたいなものですよ。視聴者にとっても、この曲が流れたら「『じゅん散歩』始まったぞ」って思ってもらえる。そういう意味でもこのテーマ曲ができたのはうれしいですね。  僕も新テーマ曲とともに、新しいオープニングのイラストを描かせていただいたんですが、そのうちの1枚は斉藤さんが猫がお好きということで猫を描かせていただきました。力を込めて楽曲を作ってくださったと聞いて、「その分お前も心を込めて絵を描け」という上層部からの指示がありまして(笑)、この猫の絵に一番力を入れました。新しいテーマソング、オープニングに変わるから、僕も新しく変わんなくちゃいけないかな……とか、そんなことは考えてないんだけど(笑)。そんなに引き出し持ってないから。でもそういう心構えはあります。  歌詞に「まだこの世は楽しい」とあるんですけど、今の時代を見越して斉藤さんが書いてくださったんだと思います。鬱屈することもありますが、それを打破するような感じで、『純風』の曲にのって軽やかに歩いていきたいと思いますね。 ――高田純次

【関連記事】