Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小惑星探査機「はやぶさ2」映像化「劇場版HAYABUSA2~REBORN」予告

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

小惑星探査機「はやぶさ2」のミッションを映像化した、ドキュメンタリー「劇場版HAYABUSA2~REBORN」が11月27日より劇場公開決定。予告編が公開された。配給はローソンエンタテインメント。 【この記事に関する別の画像を見る】 本作は、初代はやぶさを描いた第1作「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」からのエピソードに加え、新たに「はやぶさ2」の軌跡を追ったはやぶさミッションの10年の歩みを締め括る宇宙科学ロマン・ドキュメントの完結編。小惑星リュウグウでの探査をするために打ち上げられた「はやぶさ2」が地球を旅立ってからいくつもの困難を乗り越え、小惑星リュウグウにてサンプルを採取し、地球に帰還するまでが描かれる。 なお、「はやぶさ2」は2020年12月6日に地球帰還予定。 公開された予告編では、美しい壮大な宇宙を舞台に小惑星イトカワに行き帰還した「はやぶさ」の様子から始まり、「はやぶさ」の意思を継ぎ生まれ変わった「はやぶさ2」が小惑星リュウグウにタッチダウンする姿や、空に飛び立つシーン、そしてボロボロになった姿などが鮮やかな3D映像で描かれている。 予告では、本編でもナレーションを務めるウルトラシリーズ6作目の「ウルトラマンタロウ」で主人公・東光太郎を演じた篠田三郎氏が、「はやぶさ2」を息子にみたて、語りかける父のような優しい口調でナレーションしている。 ■あらすじ 小惑星リュウグウのカケラを持ち帰るため、再び広大な宇宙空間へ飛び立ったはやぶさ2 。 それから2年半、32億キロの距離を進み続けた孤独な旅路の末、待ち受けていたのは、想定外のリュウグウの姿だった。あらゆる場所が岩で覆われ、タッチダウンに最適な、平らな場所が存在しなかったのだ。 「君を”また”失ってしまうかもしれない」小惑星イトカワでの悪夢が去来する。はやぶさ2はどのように困難を乗り越え、数々のミッションを成功させていったのか。そして彼がリュウグウで見つけたものとは…… 作品情報 監督・シナリオ:上坂浩光 ナレーター:篠田三郎 音楽:酒井義久 監修:吉川 真 制作:ライブ 宣伝協力:SPSS 配給・宣伝:ローソンエンタテインメント 協賛:NEC、大正製薬 協力:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

AV Watch,阿部邦弘

【関連記事】