Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外出自粛中に取り入れたい「観葉植物」のヒントは、セレブたちのSNSを参考に!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

新型コロナウイルスのパンデミックに未だ収束の兆しが見えず、ついに日本でも緊急事態宣言が発令された。テレワークや外出自粛の要請で普段よりも自宅にいる時間が多いいま、気になるのは室内のインテリアではないだろうか。 【写真】セレブたちはどう過ごしてる?「自主隔離」ライフを拝見 特に、部屋に観葉植物(インテリアグリーン)があるかないかで、気分が大きく違うことに気づいた人もいるのでは?それは単なる偶然ではなく、さまざまな研究から部屋に植物を置くことには健康メリットがあることも明らかとなっている。 そのヒントを教えてくれるのが、これまでに率先して「自主隔離」を呼びかけてきたセレブたちだ。インスタグラムなどのSNSを通じて、インテリアグリーンとの暮らしの様子を発信している。 例えば、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)が投稿していたのは「ひまわり」。一見すると鏡の前に植えられているように見えるが、その鏡に写るカイリーを囲んでいるの無数のひまわり!自宅にひまわり畑を出現させるという、ビリアネアの彼女らしい取り入れ方は圧巻だ。

エミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)は、外出自粛中に自宅で読んだり観たりしているコンテンツを投稿。背後には窓辺の日差しを浴びる観葉植物が写っており、自主隔離中のリラックスタイムに“花“を添えてくれる。

大の花好きとして知られるミランダ・カー(Miranda Kerr)は、美しく咲き誇る花の画像を投稿。コメント欄には「癒される!」とのコメントもあり、画像だけでも癒しを与えてくれている。

さらに身近に植物を取り入れたいのであれば、アレクサ・チャン(Alexa Chung)の投稿がそのヒントに。 ワーキングデスクには、花瓶に入れられたバラなどの花が写っており、これなら自宅でのテレワーク中に、その見た目や香りが心を穏やかにしてくれそう。 日本国内では卒業式や入学式などの式典の中止が相次ぎ、用意されていた花の大量処分も大きな問題となっている。代々木上原の終日フラワーやロンドン発のフラワーデザインブランドであるジェーン・パッカー(JANE PACKER)、全国のフラワーショップから取り寄せが可能なイーフローラなど、オンラインでの注文を受け付けているところも数多くあるので、外出自粛中のささやかな癒しとして、植物をインテリアに取り入れてみてはいかがだろうか?

【関連記事】