Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北川航也がついにリーグ初得点!ラピド・ウィーンは2-1勝利で優勝PO3連勝

配信

フットボールチャンネル

【ラピド・ウィーン 2-1 ヴォルフスベルガーAC オーストリア1部第26節】  オーストリア1部第26節、ラピド・ウィーン対ヴォルフスベルガーACが現地時間14日に行われた。試合はホームのラピド・ウィーンが2-1で勝利を収めた。  レギュラーシーズンを終え、プレーオフに突入したオーストリアリーグ。レギュラーシーズンの成績を継続して行うプレーオフで3試合を終え、現在ラピド・ウィーンはザルツブルクに次いで2位に位置している。  ラピド・ウィーンに所属する日本代表FW北川航也は、再開後4試合連続の出場。6試合ぶりの先発となった北川は63分までプレー。前半36分にリーグ初ゴールとなる先制弾を叩き込んだ。  先制したのはラピド・ウィーン。36分、左サイドを抜け出したフォウンタスが右足アウトでグラウンダーのパスを供給。走りこんできた北川がダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。これで北川はオーストリアリーグ初ゴールとなった。  だが、ラピド・ウィーンは後半開始早々に相手にFKを与えてしまう。ペナルティエリア手前右寄りの位置からのFKにワイズマンが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。  その後、膠着状態が続きこのまま試合終了するかと思われた87分、ラピド・ウィーンがウルマンのゴールで勝ち越しに成功。試合はこのまま終了し、ラピド・ウィーンが2-1の勝利を収めた。勝利したラピド・ウィーンは優勝プレーオフ3連勝となった。 【得点者】 36分 1-0 北川航也(ラピド・ウィーン) 50分 1-1 ワイズマン(ヴォルフスベルガー) 87分 2-1 ウルマン(ラピド・ウィーン)

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】