Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【パラダイスS】リステッド狙い撃ちストーミーシー

配信

サンケイスポーツ

 春の東京開催を締めくくる28日のメーンは「パラダイスS」。リステッドだけに絶対的な存在はなく、フルゲート必至の大混戦となりそうだ。  安田記念をパスして勝ちにきているのが、ストーミーシー。前2走は重賞でともに7着だったが、3走前のL東風Sは好位から抜け出し勝ち切った。2着アストラエンブレムは次走のL谷川岳Sを勝っており、レースのレベルもそれなりに高かった。  「在厩で調整。安田記念も登録したけど、疲れが尾を引いていたので、ここまで出走を延ばしました。先週の坂路はいい動きだったし、体調は戻ってきた。結果を出したい」と斎藤誠調教師。同じ舞台の前走・京王杯SCは勝ったダノンスマッシュに0秒6差で、Lなら十分に首位候補だ。  ライバルの筆頭はスマートオーディン。前走の安土城Sは6着も、上がり3F33秒4は最速だった。昨年の阪急杯を勝ったように1400メートルがベストで、直線が長い東京は合いそうだ。  藤沢和厩舎は、アルーシャとムーンクエイクがスタンバイ。ともに左回りの1400メートルがピッタリとはまる。(夕刊フジ)

【関連記事】