Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】試合終了間際に専大松戸がダメ押し 白井を3-1で下す

配信

高校サッカードットコム

大会開催の延期が相次ぐが、サッカーの炎は絶やすな! 過去の熱線をプレイバック! 【2019.11.03 第98回全国高校サッカー選手権千葉予選 決勝T3回戦 専大松戸 vs 白井】 【フォトギャラリー】専大松戸 vs 白井  11月3日、第98回全国高校サッカー選手権千葉予選の決勝トーナメント3回戦が行われ、白井と専大松戸が激突し、専大松戸が3-1で勝利を収めた。  試合開始早々の前半4分、専修大松戸は10番吉川秀斗のコーナーキックを3番宮岡賢太郎がヘディングで押し込み先制。序盤から専大松戸がワンサイドに人を集結させながら、細かいパスワークとドリブルで相手を崩す。白井は後ろをしっかり4-4のブロックで固めながら7番大場瑠威、9番諏訪部海が分かりやすくカウンター時の攻めて第1手としてボールを引き出す。 白井は4番木村哲、5番大矢拓真、16番林虎士郎、3番宍戸拓朗から成り立つ強靭な身体を活かしたDFラインが攻撃を跳ね返す。更に5番大矢拓真はロングスローでも攻撃に貢献する。7番大場瑠威と9番諏訪部海が前線を駆け回る。専修大松戸は、19番須賀涼斗が足の速さ、10番吉川秀斗は中央を切り裂くドリブル、18番遠藤太一はサイドを駆け上がりオーバーラップで攻撃に絡む。7番山下昌大、11番武富弘樹、10番吉川秀斗、21番富山滉太が細かいパスワークで相手を崩し、8番小山蒼太が俯瞰した視野で相手の嫌がるところをパスでつく。 専大松戸ペースで進む前半、34分にも18番遠藤太一の相手の意表をつく絶妙なパスから、10番吉川秀斗がきっちり決め、2-0とする。前半終了間際に、白井も6番小木田昂大がゴール前で打点の高いヘディングを見せるも、GK中山海渡がファインセーブ。このまま2-0専修大松戸リードで前半を折り返す。 後半13分、2点のビハインドの白井は6番小木田昂大がロングキックからの溢れ球に反応し、執念の押し込みで1点を返す。1点差となったことでオープンな闘いになる。白井はカウンター時に9番諏訪部海が一本を狙い、全体が押しあがった状態では、粘り強くセカンドを拾う。一方の専大松戸は守備に労力を裂き、得意のパスワークを見せる状態まで、攻撃に人数をかけられない。白井はインプレー時は7番大場瑠威、9番諏訪部海がゴール前に飛び込み、セットプレー時は6番小木田昂大なども押し上げ、ゴール前で数々のチャンスを作る。しかし、試合終了間際、専大松戸が追加点。19番須賀涼斗が裏への抜け出しから、DFとドリブルで並走する形になるが、身体をいれながら相手を押しのけ右足を振り抜くとこれがゴールとなり勝負あり。3-1で勝利した専大松戸が次戦に駒を進めた。

【関連記事】