Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熊本大の女性研究員殺害 67歳の男を死体遺棄容疑で逮捕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本新聞

 熊本大の女性研究員(35)が首を絞められ殺害された事件で、熊本県警は13日、死体遺棄の疑いで、熊本市中央区本荘3丁目の無職熊谷和洋容疑者(67)を逮捕した。 【画像】現場付近の地図  逮捕容疑は6日午後、自宅近くの側溝に女性の遺体を遺棄した疑い。「死体を捨てた」と容疑を認めている。県警は殺人への関与も視野に事件の全容解明を進める方針。  県警によると、熊谷容疑者は女性が住んでいた同区のマンションの元清掃員。2人は面識があり、互いの連絡先を知っていた。2人の間にトラブルは確認されていないという。女性の周辺などへの聞き込みで、熊谷容疑者が浮上した。  熊谷容疑者は逃走を図っていたとみられ、12日夕、県北地域にある以前住んでいた場所の近くで県警の捜査員に発見された。  女性は6日午後5時ごろ、熊本大ヒトレトロウイルス学共同研究センター(同区本荘2丁目)を退勤。同時刻ごろ、キャンパス内で知人が見掛けたのを最後に連絡が取れなくなっていた。遺体は7日午前8時半ごろ、同区本荘3丁目の側溝で見つかった。  遺棄現場から数百メートル離れた熊本大病院(同区本荘1丁目)の立体駐車場では、女性の財布やノートパソコンなどが入ったリュックが見つかっていた。

西日本新聞社

【関連記事】