Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界一幸せな動物「クオッカ」とは? トレンド急上昇の理由を解説

配信

ねとらぼ

 6月30日、「クオッカ」というキーワードがGoogleトレンドで急上昇しました。クオッカとは小型のカンガルーの一種で、「世界一幸せな動物」といわれています。 【動画:動いているクオッカ】  本記事では「クオッカ」に関する情報と注目されている理由を解説していきます。

●「クオッカ」とは?

 クオッカ(別名:クアッカワラビー)はオーストラリアのごく限られた地域にのみ生息している動物で、体長40~50センチほど、体重2.7~4.2キロほどの小さなカンガルーの一種です。「世界一幸せな動物」と呼ばれる理由は、その正面から見た顔にあります。  ローアングルから見た顔は、つぶらな瞳やキュッと上がった口角など、まるで笑っているような表情に見えるため、こうした呼ばれ方をされるようになりました。

●「クオッカ」トレンド急上昇の理由は?

 生息地であるオーストラリア以外では飼育・展示されていなかったクオッカですが、埼玉県こども動物自然公園(東松山市)が開園40周年を記念して現地の動物園から譲り受け、7月1日から一般公開されることが決まりました。  見るためにはこれまでオーストラリアに行くしかなかったクオッカに国内で会えるとあって、SNS上では大きな注目を集めています。同園の公式TwitterやYouTubeでは写真や動画が公開され、見た人からの「かわいすぎる!」「会いに行きたい」などの反応が上がっています。

●「クオッカ」はいつ見られる?

 埼玉県こども動物自然公園は新型コロナウイルスの影響により、7月10日までは平日のみの開園。クオッカを観覧するには整理券が必要です。整理券は先着120人までという厳しいハードルのため、しばらくは争奪戦になりそうです。

ねとらぼ調査隊

【関連記事】