Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国内34ギャラリーが参加。CADANがオンライン企画「CADAN : Online Support」を開始

配信

美術手帖

 新型コロナウイルス対策によって休廊を余儀なくされ、展覧会の開催ができない状態となっている現代美術ギャラリー。こうした状況を受けて、国内の現代美術を扱うギャラリーにより組織される日本現代美術商協会(CADAN)が、特設ウェブサイト上でオンライン企画「CADAN:Online Support」を実施する。期間は4月24日~5月22日、24日の10時より公開される。  同企画には、CADANメンバーのうち34ギャラリーが参加。各ギャラリーが厳選した渾身の作品3点を、作品解説や選出の理由を参照しながら、オンラインビューイングで楽しむことができる。  また、今年2月に行われたCADANの主催展覧会「CADAN:現代美術」内で行われたトークイベント「コレクションと思考」に際し、CADAN参加ギャラリーが行ったリサーチ内容も掲載。企業や個人のコレクションづくりの背景にあるそれぞれの考え方を記事として紹介する。  なお、「CADAN:Online Support」は、CaM by Muuseoのシステムを使用。閲覧にはメンバー登録が必要であり、参加ギャラリーまたはCADANの事務局まで問い合わせて、アクセスのためのURLまたはQRコードを取得する必要がある。  参加ギャラリーは以下のとおり。ANOMALY、青山|目黒、MEM、HAGIWARA PROJECTS、imura art gallery、Yoshiaki Inoue Gallery、タカ・イシイギャラリー、Yutaka Kikutake Gallery、ギャラリー小柳、小山登美夫ギャラリー、MORI YU GALLERY、無人島プロダクション、NANZUKA、nap gallery、TARO NASU、nca|nichido contemporary art、KOTARO NUKAGA、Satoko Oe Contemporary、Gallery Out of Place、MISAKO & ROSEN、SCAI THE BATHHOUSE、シュウゴアーツ、Takuro Someya Contemporary Art、スプラウト・キュレーション、STANDING PINE、タグチファインアート、Take Ninagawa、TALION GALLERY、東京画廊+BTAP、YUKA TSURUNO Gallery、WAITINGROOM、XYZ collective、ギャラリーヤマキファインアート、KAYOKOYUKI。

【関連記事】