Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本版『24』、片瀬那奈、でんでん、犬飼貴丈ら怪しげなキャストを発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が凶悪なテロ事件と戦う姿を描き、世界的に大ヒットしたシリーズ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)のシーズン1をベースとした日本版リメイク『24 JAPAN』(全24話)が、10月9日午後11時15分よりテレビ朝日系で放送されることが決定(※一部地域を除く)。主演の唐沢寿明が演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬(しどう・げんば)をかく乱する役どころで出演するキャストが一斉に発表された。 【写真】今回解禁されたキャストのソロカット  日本版『24』では、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写。現馬(唐沢)は、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら)の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑む。今回、発表されたキャストが演じるキャラクターの中に、暗殺計画を推し進めるテロリストがいるかもしれない!? ■物語をかき乱す怪しげな人たち  第1話から《謎の美女》として登場し、視聴者の度肝を抜くのが、片瀬那奈演じる氷川七々美(ひかわ・ななみ)。東京へ向かう飛行機の中に姿を現し、とんでもない色気と大胆不敵さで物語をかき乱し、数々の修羅場をくぐり抜けてきた現馬すらも動揺させる。  片瀬は「七々美は物語の冒頭から“スゴいことをやってのける人”なので、芝居でもなかなかできないような貴重な経験がいっぱいできますし、ワクワクしています。演じているときは『見てろよ!』という気持ちで、とにかく唐沢さんがキーッとなるような芝居を心がけています(笑)。『これはもう、一生のうちに二度とできない役かもしれない!』と噛み締めながら、日々演じています」。  そんな中、運命の総選挙当日を迎えた麗の周辺でうごめくのが、でんでん演じる闇の情報屋・上州(じょうしゅう)。彼は麗から政治生命と家族を脅かす《ある裏情報》をもみ消すよう依頼されるのだが、その情報とは何なのか…。闇の情報屋だけに、どこの誰と繋がっているか計り知ることができない上州に、でんでんが怪しい魂を吹き込む。  でんでんは「相手のことは知ってるんだけど、自分のことは誰も知らない“謎の人間”を演じるにはどうしたらいいのかなぁ…と考えながら、ぼちぼち演じています。あまりしゃべると、謎じゃなくなるので、役の話はこのへんで(笑)。とにかく今回はコロナ騒動の影響で、実際の撮影に入るまでに稽古する時間がたくさんあったので、今まで出た作品の中で回数的にはベスト3に入るくらい、ひとりで歩きながら稽古しました。おかげでせりふが自分の体の中に染み込んでいるので、演じていても楽しいですね」と、話していた。  また、暗殺計画阻止の極秘任務と同時に、現馬が直面するのが娘・獅堂美有(桜田ひより)の誘拐事件。美有と共に夜遊びに出掛けた娘・函崎寿々を心配し、現馬の妻・獅堂六花(木村多江)と行動を共にするのが神尾佑演じる函崎要吾(はこざき・ようご)。六花と共にその行方を探し回るが…!?  さらに、七々美を軸に浮かび上がってくる男たち、一人は高橋和也演じる正体不明の男・神林民三(かんばやし・たみぞう)。そして、機内で七々美と急接近する国際的なカメラマン・皆川恒彦(みながわ・つねひこ)を前川泰之が演じる。 ■現馬らCTU&麗の暗殺計画に揺れる朝倉陣営  友人でもある麗の《絶対知られてはいけない過去》を暴こうとするニュースキャスター・山城(やましろ)まどか役で櫻井淳子。麗の義母・磯村滋子(いそむら・しげこ)役で水野久美。麗の優秀な秘書・秋山昇(あきやま・のぼる)役に内村遥。麗を警護するSPの責任者・金田一忠(きんだいち・ただし)役に天野慶久、現馬らの極秘任務に協力するCTU第2支部の暗号解読係・マイロ役に時任勇気。 ■《もうひとつの大事件》に関係する人々  オリジナル版『24』でも大波乱を巻き起こしたパートを演じるのは、現馬の娘・美有役の桜田のほか、柳美稀、上杉柊平、犬飼貴丈。  第1話で大事件に巻き込まれるとは知らず、こっそり夜遊びに出掛ける美有。彼女を誘い出したのは、親友・函崎寿々(はこざき・すず)を柳が演じる。『動物戦隊ジュウオウジャー』(2016~17年)で女優デビューし、『賭ケグルイ』シリーズで狂いきった超個性的なキャラクターを演じている柳が、今回は派手で奔放な女子を熱演。さらに、「撮影初日から犬飼さんとベッドシーンを撮影することになって…! ベッドシーンに挑戦するのは初めてだったので、ちょっと照れました」と明かしている。  寿々の夜遊び仲間、長谷部研矢(はせべ・けんや)役を上杉、鮫島剛(さめじま・ごう)役を犬飼が演じる。今年だけでも映画『サヨナラまでの30分』など話題作に多数出演している上杉は、ストーリーが進展する中で複雑な心情を抱えるようになる研矢を繊細に演じている。「僕たちが出演するシーンは、第1話から急展開して、その後ずっと緊迫感が続いていきます。でも、舞台裏ではみんな和気あいあいとしていて、ほかの3人が僕だけしてないゲームの話をして、勧めてくれたりしています(笑)。撮影現場はすごく楽しいです」と、報告。  一方、『仮面ライダービルド』(2017~18年)でテレビドラマ初主演を務めて以降、演技の幅を広げてきた犬飼は、明るくも身勝手な剛を怪演。またも新境地を拓く。犬飼も「クランクインの日からいきなり、柳さん演じる寿々とのベッドシーンの撮影だったんです。気まずかったですね(笑)。僕らのシーンは全編を通して、シリアスな雰囲気が続くので、演じているときはヘビーなんです。でも、撮影合間はみんなとっても明るい! おかげで何とか心のバランスを保ちながら、撮影に臨めています」と、話していた。  日本版での黒幕は誰で、その狙いは何なのか…。怪しげな事件に巻き込まれた若者たちの運命は!? 裏切りの展開が続く《もうひとつの大事件》の行く末にも注目だ。 ■配信スペシャル版も配信  『24 JAPAN』は地上波放送だけにとどまらず、「ABEMA(アベマ)」と「TELASA(テラサ)」の2つのプラットフォームで全話見逃し配信と、地上波放送では見られないオリジナルストーリーを含んだ配信スペシャル版が独占配信される。 ■番組公式ホームページ https://www.tv-asahi.co.jp/24japan/

【関連記事】