Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

英国王室の一大イベント「チェルシー・フラワーショー」は中止となるも、それぞれのお気に入りの花の写真をシェア!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

王立園芸協会(RHS)が開催するチェルシー・フラワーショーは、花の愛好家、そしてイギリスのロイヤルメンバーにとって年に1度の一大イベント。だが、今年はその他のイベントと同様、新型コロナウイルスによる危機の影響で中止が決定している。 【写真】花を飾ろう! おしゃれな人のお家で見つけたフラワーアイデア そこで、RHSは初の「バーチャル・チェルシー」を開催。プログラムの一部をオンラインで公開している。5月18~24日はメンタルヘルス啓発週間でもあることから、花の写真を見ることは「不安を和らげ、一息つく瞬間を与えてくれるものでもある」として、より多くの人たちに、エリザベス女王やほかのロイヤルたちの花の写真をシェアしてほしいと述べている。

エリザベス女王:スズラン

エリザベス女王が特にスズランを好むことは、よく知られている。戴冠式の日に手にしていたブーケにも、スズランが使われていた。写真はバッキンガム宮殿の敷地内に咲いているスズラン。

チャールズ皇太子:デルフィニウム

チャールズ皇太子はこの花について、「堂々として美しいデルフィニウムは、…私が好きな花のなかでも最高位を占めるもの」と説明している。

アン王女:クリスマスローズ

アン王女は、クリスマスローズの「開花が早いだけでなく2カ月は花がもつところ、(株ごとに)異なる花を咲かせるバリエーション豊富なところ」が好きだそう。実用的な点を好きな理由に挙げるのは、王女らしいともいわれている。写真はアン王女が撮影。

ウェセックス伯爵夫妻:アザレア

エドワード王子&ソフィー妃は、この時期に咲くアザレアの息をのむような美しさと、うっとりするような香りがお気に入りとのこと。写真はソフィー妃が撮影。

アレクサンドラ王女:ゴールデン・セレブレーション

エリザベス女王のいとこ、アレクサンドラ王女(オギルヴィ令夫人) の庭は「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」という自らの名を冠したバラであふれているそう。ただ、独特の香りを放つ別の種類のバラ「ゴールデン・セレブレーション」は、見た目も特にお気に入りだとか。

From TOWN&COUNTRY

【関連記事】