Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

楽天・三木谷社長の「月額2980円の5G」新料金に見る期待と不安。“攻め時”は今しかないが…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

楽天モバイルは5Gサービスの詳細を発表した。 料金プランは月額2980円。4Gと一緒だ。他社の5Gプランは4Gプランよりも500~1000円、値上げされているが、楽天モバイルでは据え置き。「tada(タダ)5G」とアピールされた。 【全画像をみる】楽天・三木谷社長の「月額2980円の5G」新料金に見る期待と不安。“攻め時”は今しかないが… スマホのラインナップとしては「Rakuten BIG」が発表となった。画面サイズが6.9インチでフェリカ対応。フロントカメラ内蔵ディスプレイを搭載しながらも6万9800円(税込み)と、かなり魅力的な端末になっている。 気になるネットワークだが、山田善久社長からは「東京都、神奈川県、埼玉県、北海道、大阪府、兵庫県の一部地域」と詳細された。 しかし、楽天モバイルのサイトで調べてみると、東京に関しては、 ・世田谷区瀬田1丁目付近 ・世田谷区瀬田2丁目付近 ・世田谷区瀬田3丁目付近 ・世田谷区瀬田4丁目付近 ・世田谷区上野毛1丁目付近 ・世田谷区上野毛2丁目付近 ・世田谷区上野毛3丁目付近 ・世田谷区上野毛4丁目付近 ・世田谷区玉川1丁目付近 ・世田谷区玉川2丁目付近 ・世田谷区中町1丁目付近 ・世田谷区野毛2丁目付近 ・世田谷区野毛3丁目付近 ・板橋区板橋3丁目付近 ※楽天発表より、東京のエリアを抜粋 という有り様だ。楽天本社がある二子玉川周辺に集中しており、これでは「二子玉5Gモバイル」でしかない。 山田社長は、「他社を見ても最初はそれほど全国津々浦々すべてというわけではない。他社とそんなに遜色ない形でスタートできているのでは」というが、そもそも楽天モバイルは「完全仮想化技術で、5Gレディのネットワーク」であり、垂直立ち上げで5Gを展開できるのはなかったか。 他社が「やる気がない」タイミングだからこそ、今こそ攻め時ではないか。 そもそも6月スタートの計画から3カ月、遅れている。コロナ禍によって、インドの開発拠点がロックダウンされ、開発が遅れたと説明するが、基地局工事に時間の余裕ができていた割に、このエリア展開はあまりに寂しすぎる。

【関連記事】