Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

THE BACK HORN×住野よる、共鳴し合って生まれたコラボ小説「この気持ちもいつか忘れる」発売

配信

音楽ナタリー

THE BACK HORNとベストセラー作家・住野よるがコラボレーションした小説「この気持ちもいつか忘れる」が今秋に発売される。 【動画】「この気持ちもいつか忘れる」ティザー映像(メディアギャラリー他5件) THE BACK HORNは、学生時代から彼らのファンという住野と共に作品コンセプトの段階から意見を交わし、相互に影響を与え合いながら楽曲や小説を生み出していくコラボレーションプロジェクトを展開中。「この気持ちもいつか忘れる」は、この企画の一環として2018年9月から「週刊新潮」で連載された恋愛小説で、平凡な生活を送る高校生のカヤが爪と目しか見えない異世界の少女・チカと出会い、互いの世界の不思議なシンクロニシティに気付いていく物語が描かれている。 この連載を1冊にまとめた本書は、住野の「THE BACK HORNの楽曲を聴きながら作品世界に浸ってほしい」という思いから、先行限定版としてTHE BACK HORNの楽曲を5曲収録したCD付き形態が9月16日に発売される。その1カ月後の10月19日に小説が単体で発売され、同日にTHE BACK HORNの5曲入り音源集が配信リリースされる。なおCDと配信音源には2018年9月に配信リリースされた、小説のテーマ曲とも言える「ハナレバナレ」が収められる。 ■ THE BACK HORN コメント 住野よるさんとTHE BACK HORN。お互いをリスペクトし、刺激し合い、想像し合い、共鳴して生まれた渾身の作品です。 二つの表現にそれぞれの楽しみ方がありながら、両方を行き来し、個々に芽生えた感情が混ざり合う時、皆さんの心にどんな新しい景色が描かれるかとても楽しみです。そして、それが少しでも皆さんの日常を照らし出すものでありますよう願っています。小説と音楽の無限の可能性が広がってくれたら嬉しいです。 ■ 住野よる コメント 敬愛するバンドTHE BACK HORNと共に、小説と音楽の境界線をこえようとした新作が刊行されます。小説と音楽で完成する作品です。二つの異なる文化が折り重なり、どうかあなたの心を穿ちますよう願っています。

【関連記事】