Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

盤石なのはどこ? パ・リーグ6球団 「クローザー」事情は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

福岡ソフトバンクホークス

 やはり9回のマウンドがよく似合う。球団の日本人選手としては初となる2年連続30セーブをマークし、今季も抑えに君臨する森唯斗。開幕戦(6月19日のロッテ戦=PayPayドーム)でさっそくセーブに失敗するなどシーズン当初はピリッとしない投球で状態が心配されたが、徐々に本来の力強い投球が戻ってきた。7月に続き、8月も23日現在、防御率1点台をキープ。リーグ2位の14セーブはもちろんのこと、同点の場面で登板した際にはきっちりホールドをマークして8月20日のロッテ戦(ZOZOマリン)では通算100ホールドを到達した。「まだまだ通過点ではありますが、これからも頑張っていきたい」。頼もし過ぎる右腕が、2年ぶりのセーブ王奪取も見据えて安定感ある投球を続けていく。

千葉ロッテマリーンズ

 今季も益田直也が開幕から不動の存在となっている。開幕2戦目(対ソフトバンク、PayPayドーム)で今季初セーブを挙げてから順調に数を積み重ね、8月23日現在、リーグトップの16セーブ。同点時の9回にもマウンドにも上がり、3ホールドもマーク。好調の打線が、試合中盤から終盤にかけて逆転するケースも多く、試合が動いている中でも、しっかりとゲームを締めている。決め球・シンカーに加え、今季のストレートの最速は151キロを計時。今年31歳を迎え、ベテランの域に差し掛かるも衰え知らず。昨年にFA権を取得も「このチームで優勝したい」と残留を決断した背番号52が右腕を振り続ける。

東北楽天ゴールデンイーグルス

 昨季は抑えの松井裕樹が38セーブ、森原が29ホールドをマークし、この2人を中心に抜群の安定感を誇った。今季から松井が先発に再転向し、新クローザー・森原でスタート。だが9回を任されるはずだった右腕は救援失敗を繰り返し、「本来の姿ではない」(三木肇監督)と7月末に二軍再調整を言い渡された。現在は代役のブセニッツ(防御率0.81)、牧田和久(同1.52)らでしのいでいる。松井は先発として白星こそ手にしていないが、ようやく調子が上向いてきた。だが森原は一軍復帰を果たした後も、本来の位置に戻れるほどの信頼を取り戻せていない。この苦境を打破するためには森原の復調が不可欠だ。

【関連記事】