Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人の脳は食べられない!そんなゾンビのための代替食とは?

配信

ギズモード・ジャパン

人道的に食事したい、進歩的なゾンビのあなたへ これを読んでいるあなたがゾンビだと仮定しましょう。ゾンビ的な唸り声をあげながらノッタリ歩いていると、10メートル先にはなんと生きた人間が。あなたが最初に考えるのは、もちろん追いかけて脳みそを食べることです。あなたはその衝動に身を任せようとするのですが、突然恥のようなものを感じます。自分が人間だった時代を微かに思い出したのです。そして考える。当時、もし自分がゾンビに頭をかじられたらどんな気分だっただろうか、と。 さぁ困りました。脳みそは食べたいけど、人は殺したくない。仕方なく、あなたはゾンビ心理カウンセラーのもとへ向かいます。事情を話すと、カウンセラーはニヤリと笑いました。こっちは自分の心情をさらけ出しているのに、なんだその態度は?とあなたは訝しみますが、実は彼はとあるアイデアをかねてから持っていました。それは良心に苛まれたゾンビのための試験プログラムで、人間の脳の代わりに、見た目も味もそっくりなものを食べることで、人間を殺す必要がなくなるというものでした。ここで解決すべき疑問は一つ。「人間の脳に替わる食べ物って何?」 今回のGiz Asksでは脳の専門家に質問し、その答えを探してみました。

Sandeep Robert Datta(ハーバード大学医学大学院、神経生物学准教授) 脳は主に脂質で出来ているので、ゾンビが求めているのは脂質だと仮定することができます。でもそれなら、例えばネズミの脳ではなぜダメなのでしょうか?リピドーム解析によると、人間の脳はスフィンゴミエリンと呼ばれる脂質が(ネズミの脳と比較して)非常に豊富だと分かっています。それなら、ゾンビが本当に欲しているのは脂質の中でもスフィンゴミエリンだと仮定できます。ではどこでそれを入手できるのかというと、卵です。卵はスフィンゴミエリンが豊富なだけでなく、脳と同じように白い皮質外層と、脂質が豊富な中央に分かれているので、脳の代替に最適であると考えられます。

【関連記事】