Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川島永嗣、リーグアン開幕スタメンも3失点敗戦。好セーブも見せたが…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 フランス・リーグアン第1節のロリアン対ストラスブール戦が現地時間23日に行われ、ホームのロリアンが3-1で勝利を収めた。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣は先発でフル出場している。  ストラスブールは不動の守護神を務めてきたベルギー人GKマッツ・セルスが7月にアキレス腱を負傷して離脱。当初はビングル・カマラが代役を務めることが見込まれていたが、第3GKと位置づけられていた川島がそのカマラを抑えて先発GKに定着し開幕を迎えた。昨季は公式戦出場ゼロだった川島だが、2018/19シーズンの最終節以来約1年3ヶ月ぶり、ストラスブールでは2回目の出場となった。  ストラスブールは前半30分にMFメディ・シャヒリが先制点を奪い、1点リードで前半を折り返す。だが51分にはロリアンが右サイドから川島とDFの間に通したクロスをFWヨアン・ウィサが頭で押し込んで同点とした。  60分にはDFがエリア内でのファウルで与えたPKをFWアドリアン・グルビッチに決められて逆転を許す。73分には最終ラインのDFがボールを奪われるミスからピンチを迎えたが、独走したグルビッチのシュートを川島が見事に弾き出して追加点を阻んだ。  だが87分、ゴール前に抜け出したMFシルヴァン・マルヴォーが1対1の形から放ったシュートは川島が爪先でストップしたものの、こぼれ球をFWピエール=イブ・アメルが無人のゴールに押し込んで3点目。川島は久々の出場を勝利で飾ることはできなかった。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】