Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ストロール「一時3番手を走れて素晴らしい気分だった」レーシングポイント【F1第6戦決勝】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 2020年F1スペインGP決勝で、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは5位、ランス・ストロールは4位だった。 2020年F1第6戦スペインGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント) ■BWTレーシングポイントF1チーム セルジオ・ペレス 決勝=5位  スタートがうまく行かず、ランス(・ストロール)にも抜かれてしまったが、何とか挽回していいレースができた。1ストップの戦略を機能させるには、かなりのリスクが伴ったと思う。それでもどうにか成功したのは、懸命なタイヤマネージメントとチームの素晴らしい仕事があったからだ。ランスとのバトルも楽しんだが、優先すべきはタイヤを温存することだった。  5秒のタイムペナルティを受けたことには落胆させられた。ルイス(・ハミルトン)に譲る最初の機会がターン1への進入だったことを考えれば、公平な判定だったとは思えない。  ともあれ、重要なのは5位の座を守り、チームに多くのポイントを持ち帰れたことだ。復帰戦としては上出来で、すぐにスピードを取り戻すための手助けをしてくれたチームに感謝したい。 ランス・ストロール 決勝=4位  スタートラインからの蹴り出しが良く、チェコ(セルジオ・ペレス)と(バルテリ・)ボッタスのメルセデスを抜いたことで、いいレースをするお膳立てができた。メルセデス勢と戦う立場にないことは分かっていたが、数周にわたって3番手を走れたのは素晴らしい気分だった。いずれにしても、今日は4位以上は望めなかった。  チェコとコース上で少しの間、バトルができたのも良かった。見ていたオットマー(・サフナウアー)は、また何本か白髪が増えたかもしれないけどね! 僕はレース中に2ストップに切り替えたが、それで順位を上げることができたし、その後(セバスチャン・)ベッテルを抜き、さらにチェコのペナルティでひとつ順位を稼いだ。  今日はタイヤマネージメントがすべてで、この暑さの中では簡単ではなかったけど、何とかやりきった。レース終盤には黒い雲が来て、太陽を遮ってくれたので助かったよ。チームが素晴らしい仕事をして、大量にポイントを獲れたので満足だ。スパへ行くのが楽しみで仕方がない。あのコースは僕らのクルマに合っているはずで、さらにポイント獲得を狙えそうだからね。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】