Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和歌山・片男波で「ポップロックミュージック2020」 和歌山出身の女性歌手が企画

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 野外音楽フェスティバル「POP ROCK MUSIC(ポップロックミュージック)2020」が9月27日、片男波公園(和歌山市和歌浦南3)で開催される。主催はシンガー・ソングライター・みのべありささん。(和歌山経済新聞) 【写真】片男波海水浴場で撮影したみのべありささんのMV「スイミング」  みのべありささんは和歌山県出身。「地元の若者に音楽文化を伝えたい」と活動を通じて知り合ったミュージシャンに参加を呼び掛けた。開催資金はクラウドファンディングを活用。当日はネット配信を行う。  みのべありささんは、3歳で電子オルガン、高校1年生でギターを独学で始め、大阪の音楽専門学校を卒業。2013年から大阪を拠点にシンガー・ソングライターとして活動する。アコースティックギターの弾き語りで活動を始め、現在はバンド編成でロック調の楽曲も歌う。2016年11月発売の楽曲「スイミング」のミュージックビデオは、片男波海水浴場で撮影した。  当日の出演者は、みのべありささん、バウンダリー、nolala(ノララ)、やましたりなさん、コシモトユイカさん、ammo(アモ)、シンガロンパレードの全7組。当日は、ギョーザ専門店「オカダヤ」(吉田)、「+39 CAFE&BAR」(島崎町)などの飲食店が出店する。  みのべさんは「和歌山は自然が豊かでフェスに向いている。海沿いで音楽を聴けると気持ちいい。きっと和歌山の魅力が伝わる。『ライブって楽しい』と体感するきっかけになれば」と話す。  開催は12時~19時。入場無料。雨天決行。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】