Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ギターの神様エディ・ヴァン・ヘイレンさんを偲ぶ声やまず

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

「誰にも輝かしい青春がある。グロリアスデイズ……ずっと胸に抱いて、最期の日まで笑顔で戦おう」などと、布袋寅泰(58)はSNSでその死を悼んだ。咽頭がんのため65歳で亡くなった米ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさんの訃報を受け、日本のミュージシャンたちにも悲しみの輪が広がっている。大手音楽制作会社「ビーイング」元副社長で、BOØWYや氷室京介、LINDBERGなどを担当した音楽プロデューサー月光恵亮氏(68)はこう言う。 「僕の80年代のギターヒーローは圧倒的にエディでした。その頃何度となくLAで彼に出会う機会があり、一番印象深かったのはハリウッドブルーバードにあるギターセンターでのこと。彼はそのお店の中で手当たり次第にギターを取り上げ、ジャックを突っ込み次々と弾き始めた。弘法筆を選ばずと言いますが、さすがにすごい。どれで弾いてもヴァン・ヘイレンのサウンドで、すさまじいものがありました」  和製エディ・ヴァン・ヘイレンの異名もあるギタリストの福田洋也は「あのプレーをもう生で見ることができないと思うと悲し過ぎる」とし、80年代にハードロックバンドBRONXで活躍した下田カツヒコは「ロックギターの開拓者ジミ・ヘンドリックスを継ぐ存在でした」とコメントした。 「50歳以上のミュージシャンはオリジナル曲もない初心者の頃、ほとんどがヴァン・ヘイレンをコピーした。名盤『1984』、日本でも大ヒットした『ジャンプ』などはかつてのロック少年たちの青春のサウンドですよ」(音楽ライター)  公演先では思い切り羽目を外し、どんちゃん騒ぎすることで知られ、プロモーターとの契約書には53ページもの付帯条項をつきつけた。 「偶数日にはローストビーフかフライドチキン、ラザニアをメインに芽キャベツかブロッコリーを付け合わせにつけるとか、夕食にはどんなときもプラスチックや紙の皿を使ってはならないなどと書かれていたそうです。有名なのがスナックに『m&m’s』のチョコを用意しろとあり、茶色を抜いておくこととあったこと。茶色がひとつでもまじっていると、楽屋をめちゃくちゃに荒らしたそうです」(前出の音楽ライター)  80年代ヒーローがまたひとり、逝ってしまった。

【関連記事】