Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大塚明夫、堀江瞬、伊瀬茉莉也、京田尚子が『アダムス・ファミリー』日本語吹替版キャストに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月25日公開のアニメーション映画『アダムス・ファミリー』の日本語吹替版キャストとして、大塚明夫、堀江瞬、伊瀬茉莉也、京田尚子の参加が新たに発表された。 【動画】『アダムス・ファミリー』吹替版本予告  本作は、 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした漫画を劇場版アニメとして映画化したもの。人里離れた山の中で結婚式をあげたモンスターのカップル、ゴメズとモーティシアが、突然襲って来た人間たちに故郷を追われ、丘の上に建つ荒れ果てた屋敷にたどり着く。時が流れ、ウエンズデーとパグズリーの2人の子供が生まれ、一家4人と執事のラーチは平和な日々を送っていた。そんななか、パグズリーが一族にとって重要な儀式「セイバー・マズルカ」を親戚たちの前で披露する日が近づいていた。  ボイスキャストには、オスカー・アイザック、シャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツ、フィン・ヴォルフハルト、ベット・ミドラー、ニック・クロールが名を連ねている。『クリスマス・クロニクル』のマット・リーバーマンが脚本を手がけ、『ソーセージ・パーティー』のコンラッド・ヴァーノンとグレッグ・ティアナンが監督を務めた。日本語吹替版では、杏、生瀬勝久、ロバート秋山、LiLiCo、井上翔太、二階堂ふみが声優を担当する。  このたび、日本語吹替版キャストのラーチ役を大塚、パグズリー・アダムス役を堀江、マーゴ・ニードラー(LiLiCo)の娘、パーカー・ニードラー役を伊瀬、アダムス一家のおばあちゃん・バァバ役を、約30年前の長編実写映画にも出演した京田が演じることが決定。  大塚は、同役について「大変楽しませて頂きました。私が演じるラーチという役は、話に聞くと、昔、亡くなった父(大塚周夫)がやったことがあるということなので、非常に不思議な縁を感じますが、かと言って寄せることも無く、好きなようにやらせて頂きました」と振り返り、「面白い上に、なにか観終わった後に、ちょっとあったかいものが残って、とてもハートフルなアニメーションで大変気に入りました」とコメント。  今回の初となる劇場版アニメの物語について「マジョリティがマイノリティを押し潰すという事が、どういう事なのかを改めて考えさせられる、楽しんで、尚且つそう言ったものが後に残るという非常に稀な作品だと思いますので、ぜひ皆さん楽しんでください」とアピールをしている。 (c)2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. The Addams Family (TM) Tee and Charles Addams Foundation. All Rights Reserved.

リアルサウンド編集部

【関連記事】