Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Bリーグ、10月開幕へ コロナ対策共有「大事なのは陽性者を非難しないこと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 バスケットボール男子Bリーグは31日、選手ら約430人が参加したオンラインミーティングを開催し、新型コロナウイルス感染対策を共有した。  島田慎二チェアマン(49)は「難しいシーズンになると思う」とした上で「いつ(コロナに)かかってもおかしくない状況。大事なのは陽性者を非難しないこと」と強調。10月の開幕へ向け、今後ガイドラインも公表する予定となっており「1シーズン全うすることが東京五輪の実現可否にも影響すると思う。力を合わせて難局を乗り切ろう」と呼びかけた。  クラブで実施したPCR検査で無症状ながら3人が陽性判定となったB1A東京の安藤誓哉主将(28)は、クラブでは対策を徹底していたことから「誰でも陽性判定が出てしまう状況なのだと思う」とし「仮に今後陽性判定者がチームに出ても優しく接してほしい」と理解を求めた。

【関連記事】