Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本車ではじめてマニュアルモード付ATを採用!GTOの弟分 三菱 FTO【MOTA写真館】

配信

MOTA

「この運動神経は、ただ者じゃない」のキャッチコピーを引っ提げ、1994年にデビューした三菱 FTO。車種名のFTOは「Fresh Touring Origination」の頭文字をとったもの。 ■まるで和製フィアット スパイダー!?三菱 FTOの内外装を写真でチェック! また、車種名からもわかるように、三菱 GTOの弟分にあたり、デビューした年には日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。ポルシェを超えると評価された「ただ者じゃない」三菱 FTOを詳しく見ていこう。 ▼これまでご紹介した名車は関連記事をチェック!▼

MTよりもATが売れた珍しいスポーツモデル FTO

ギャランFTOから数えると2代目にあたる三菱 FTOは、ワイド・アンド・ローの2ドアノッチバッククーペスタイル。日本車離れした塊感のある個性的なスタイリングが大きな魅力で、室内は決して広くないものの1995年には、年間2万台以上のセールスを記録する。 MIVECとネーミングされた可変バルブタイミング・リフト機構を持つV型6気筒 2000ccエンジンは、最高出力200馬力を発生。当時1リッターあたり100馬力以上の出力を発生させることは、高性能エンジンと評価される基準の一つだ。 組み合わされるトランスミッションは5速MTをはじめ、日本初マニュアルモード付きAT(INVECS-II)をラインナップし、高回転まで許容するATは、ポルシェのティプトロニックよりも扱いやすいと高い評価を得た。 MTよりも多く出回ったATモデルは、デビュー当初4速だったが、マイナーチェンジで5速化。駆動方式は前輪駆動のみで、前輪駆動のわりに旋回能力が高いため、運転がしやすく取り回しにも苦労しなかった。 ■モータースポーツから電気自動車にまで発展 三菱 FTOは、モータースポーツでも活躍。現在のSUPER GTである全日本GT選手権(JGTC)GT300クラスにおいて、1998年に総合5位、1999年に総合6位を獲得している。 さらに、FTOをベースとした「FTO-EV」を1998年に製作。最高出力70kWのモーターを搭載し、1回の充電で走れる距離は市街地で150km前後、最高速度は186km/hをマーク。当時、公道走行可能な電気自動車としては最速だった。FTO-EVで得た知見は「MiEV」シリーズに活かされている。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,320mm×1,735mm×1,300mm ■エンジン ・V型6気筒 2000cc MIVEC 6A12型(200馬力) ・V型6気筒 2000cc 6A12型(170馬力) ・直列4気筒 1800cc 4G93型(125馬力) ■トランスミッション:4速AT/5速AT/5速MT ■駆動方式:前輪駆動 ■価格:166万円~239万7000円(1994年式)

MOTA編集部

【関連記事】

最終更新:
MOTA