Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元科捜研の男に有罪判決 私生活見たい…合鍵で同僚女性3人の自宅に侵入 地裁「被害者らの人格無視」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 同僚女性の自宅に侵入したなどとして、住居侵入と埼玉県迷惑行為防止条例違反の罪に問われた、元県警科学捜査研究所技術職員の男(37)の判決公判が11日、さいたま地裁で開かれた。馬場崇裁判官は懲役2年6月執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。 科捜研の男、免職に スカート盗撮、科捜研を抜け出し同僚女性宅に侵入「私生活見たい」…他の女性も被害か

 判決理由で馬場裁判官は、男が被害者の女子更衣室内から自宅の鍵を持ち出すなどして合鍵を作成した上で不在時に侵入しており、「被害者らの人格を無視し、極めて悪質」と指摘。いずれも、好意を持った女性の私生活をのぞき見たいなどという目的で犯行に及び、「誠に身勝手で酌むべきものは全くない」と断じた。  罪を認め反省していることや、懲戒免職の処分を受けたことなどから、執行猶予付き判決が相当であるとした。  判決によると、男は2017年2月~19年8月の間、事前に作成した合鍵を使って同僚女性3人の自宅に計12回侵入。昨年9月には、JR与野本町駅のエスカレーターで、別の女性の背後からスカート内にスマホを差し入れて動画を撮影するなどした。

【関連記事】