Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

読めそうで意外と読めない!「希う」の読み方、わかる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

簡単に読めそうな漢字でも、送り仮名が変わるだけで読めなくなってしまうことがあります。 たとえば、「中る」「予て」「強か」など。 これらはもちろん、なかる・よて・つよか……ではなく、読み方を聞けば誰もが知っているおなじみの日本語なのですが、なんと読むか分かりますか? そんな「読めそうで意外と読めない日本語」クイズ。お題はコチラです♪ 「オクラ」って英語でなんて呼ぶか知ってる?実は…超驚きの呼び名なんです

「希う」。 パッと見て「きう」と読んでしまいそうですが、違います。じつはこれも、読み方を聞くと意外な日本語なんですよ♪ いったいなんと読むのか、分かりますか? ■ここでヒント! 読み方を探るヒントとして、言葉の意味を見てみましょう。 小学館『デジタル大辞泉』によれば、「希う」の意味は次のとおりです。 「強く願う。切望する。やや古風な、また改まった言い方」 ちなみにひらがなで書くと「●●●●う」の5文字になります。強く願うという意味で、5文字の日本語……いろいろ想像を巡らせてみてくださいね。 「希う」の読み方、正解は…… 「こいねがう」でした。 「こいねがう」の漢字としては「乞い願う」がおなじみかと思いますが、今回の「希う」の他にも、「冀う」「庶幾う」など、いろいろな書き方があるんです。 よく知っているつもりの言葉でも、意外と知らない一面があるものですね。 周りの家族や友人と漢字クイズを出題しあってみると、意外と盛り上がるかもしれません♪

【関連記事】