Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャリアの軸はPR。軸からスキルを広げてパラレルキャリアを見据えた働き方をしたい

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

新卒でPR会社に入社。以降、外資系PR会社、外資系IT系企業を経験し、現在はパナソニックグループでB2Bソリューション事業を担う、パナソニック株式会社 コネクテッドソリューションズ社で、PR、ブランディングに携わる鈴木 恭平 氏。趣味で漫才をしたり、iPad DJをしたりと、パラレルキャリアにも関心があるという鈴木氏に、これまでのキャリアやスキルの身につけ方についてうかがった。 Webが一般に普及してすでに20年以上が経つが、未だにWeb業界のキャリアモデル、組織的な人材育成方式は確立していない。組織の枠を越えてロールモデルを発見し、人材育成の方式を学べたら、という思いから本連載の企画がスタートした。連載では、Web業界で働くさまざまな人にスポットをあて、そのキャリアや組織の人材育成について話を聞いていく。  

SNSとともにキャリアがある

森田: Webに触れたきっかけから教えてください。 鈴木: 2007年に新卒でPR会社に入り、PRの一環でWebに触れるようになったのが、最初だったと思います。当時、YouTubeを知らなかったくらいWebとは遠いところにいました。その翌年の2008年に、Facebook、Twitterの日本語版がスタートし、そこからSNSの企画や運用などに関わるようになったので、キャリアと共にSNSがあります。 林: 新卒でPR会社を選んだのはなぜですか? 鈴木: 大学で演劇をやっていたのですが、チケット販売のノルマが厳しくて苦労しました。最初は友人も来てくれるんですが、回数を重ねるとどんどんチケットが売れなくなっていくんです。そういった経験からうまく集客をしていくには、「広告」に関する知識を身に付けると解決するのでは、と考えて最初は広告業界を志望していました。 林: 役者の道ではなく、就職を選択したのですね。 鈴木: 役者として生きていくのはハードルが高いとわかっていたので、自分は趣味として役者を続けつつ、才能ある役者が演劇を続けられるようにサポートできればと思い、就職しました。 しかし、志望していた広告会社はすべて落ちてしまって、就職活動のなかでPR会社を知り、広告業界と同じような感じかなと思い、就職を決めました。まずは関係ある業界に入って、そこから転職して、広告業界にたどり着くキャリアもありかなと考え、3年半はこの会社で頑張ることを目標に業務にあたっていました。 森田: 2007年くらいだと、新卒入社でも転職が当たり前の概念としてあるんですね。